コーヒーのドリップでの入れ方!簡単に美味しくするコツは?

Pocket

コーヒーの味なんてどれも一緒!
黒くて苦くて熱い飲み物だよね!

な~んて… コーヒーを飲み始めた時の私は、
それくらいにしか考えていませんでした。

「インスタントも缶コーヒーも一緒」くらいにしか、
味に何も気にしていなかったんです。


しかし飲んでいるうちに、
「このあいだ喫茶店で飲んだコーヒーは美味しかった!」
「あれ?自分で入れたコーヒーは美味しくない?」
と、コーヒーの味の違いに気が付き始めました。

今飲んでいるコーヒーが美味しいか?美味しくないか?
その違いや、自分の好みに敏感になり、
「自分好みの美味しいコーヒーを飲みたい」と思うようになったんです。


そこで自宅でもドリップコーヒーを入れ始めたのですが、
自分が入れたコーヒーは美味しくありませんでした。(笑)(´-ω-`)

「どうすれば自分好みの美味しいコーヒーを入れられるんだろう?」



そう思った私は、
家で入れるコーヒーを美味しくする方法をいろいろ試したのです。

するとコーヒーに無頓着だった私でも、
美味しいコーヒーを入れる為の簡単な方法にたどり着けました。



「コーヒーなんて何でも一緒」から「コーヒー初心者」になる為の、
ドリップコーヒーを美味しく入れる為の簡単なコツ!
私の体験談をまとめてみました。


Sponsored Link



美味しいペーパードリップコーヒーを入れるための準備

コーヒー,ドリップ,入れ方

「インスタント」や「缶コーヒー」はもう卒業!

そんなあなたは次に、ペーパーフィルターを使用して、ドリッパーで入れる方法にチャレンジすると思います。

いわゆる「ペーパードリップ」という方法ですね。



チャレンジしやすい、その理由として、

  • 器具が少なくて済む
  • 片付けが簡単である

という側面があります。


ではペーパードリップにはどんな器具が必要なのでしょうか?



ペーパードリップで使う器具

自分の家で始めて「ペーパードリップでコーヒーを入れる」
ドキドキしますね!

でも最初に準備する器具は、最小限のもので十分です。


私が普段使っている物を例にご紹介したいと思います。
  • 安い徳用のコーヒー豆
    500gで500円程度の徳用の豆が初めはおすすめです。
    レギュラーコーヒーと呼ばれる物ですね。

    ブレンド、モカ、ブルーマウンテンと3種類ある事が多く、
    同じような値段でもメーカーが違えば味も変わります。

    まずは気になる豆をためしてみましょう。

    でも、後からも一度飲みたいと思った時に困らないように、
    何を買ったのかはちゃんと覚えておいてくださいね。

    どれが良いのかは好みの問題になりますので、
    飲み続けるうちに自分の好みが出来てくると思います。

  • コーヒー豆をセットするドリッパー
    プラスティック製のものなら百円から買えますし、
    陶器のものでも1000円以下であります。

    メーカーにより穴の数が3つの物と1つの物があります。

    それぞれに適した入れ方があったり、
    同じ豆で同じ入れ方をしても、味が変わったりします。

    いきなりどっちが良いのか?悩みそうですが、
    私は初めは3個穴の物をオススメします。

    理由は、穴に爪楊枝や竹串等でフタをすれば、
    あっという間に、2個穴にも1個穴にも変身出来るからです。(笑)

  • ペーパーフィルター
    これも、何処でも安くで売っていますね!(笑)

  • お湯を注ぐポット
    コーヒー専用の物が先が細くて便利ですが、
    けっこう高額な上に、他に流用が効きません。

    始めはヤカンで沸かしたお湯を、急須などに移し、
    それからドリッパーに注げば良いでしょう。

    私は100円均一の「陶器の急須」を買って、
    コーヒー専用に使っていますよ。

以上が私が普段、
家でコーヒーを飲む時に、使用している道具です。

何処にでも売っていて、安価なものばかりですので、
気になった方は参考にされて下さい。


他にあると便利なのがコーヒーを受けるサーバーです。
2~3杯と複数杯入れる方は、必須かもしれませんね。




ペーパードリップでコーヒーを入れよう!

器具が揃ったら、
さっそくコーヒーを入れてみましょう!

  1. お湯をわかす
  2. ドリッパーにペーパーフィルターをセットする
  3. コーヒーの粉をセットする
  4. お湯を注ぐ

の順序で入れて行きます。



お湯を沸かす

お湯に違いがあるの?」と思われそうですが、

沸かしたてのお湯を使いましょう。

理由は水(お湯)の中の酸素量が味に関係するからです。



加熱処理をした水(お湯)は、時間と共に酸素量が減って、
コーヒーを入れるにはまろやかさに欠けてしまうのです。

「浄水器で濾過した水道水を、その場で沸かして入れる」
美味しいコーヒーショップはそうしていると、本で読んだことがあります。

ペットボトルで売っている銘水等も、加熱処理がされているので、
それよりも水道水のほうがコーヒーには合うそうです。



そう聞いて私は・・・
沸騰ポットで沸かしてしばらく保温したものよりも、
コーヒーを飲むために、今沸かしたお湯を使うようにしています。

ちなみに最も望ましいのは、
山奥で汲んできたミネラルたっぷりの湧き水だそうですが、
さすがに一般的ではありませんね。(笑)



ドリッパーにペーパーフィルターをセットする

ドリッパーにペーパーフィルターをセットする時のコツ
両者をぴったりとフィットさせる事です。

フィルターの折りしろを互い違いに折り込み、
ペーパーフィルターをドリッパーの形に成形します。

コーヒー,フィルター,折り方
側面や底の角を指でギュっと押して慣らしましょう、
ドリッパーにフィットさせることでスムーズな濾過が可能になります。


フィルターをドリッパーに簡単にフィットさせる為に、
粉を入れる前にペーパーフィルターに湯をかける方を見ます。

でも私はフィルターが乾いたドライな状態で粉をセットしています。

湿らせるとドリッパーと紙の間の隙間が出来にくくなって、
湯を注いだ時に粉から発生するガスや空気の逃げ場が無くなり、
味の決め手となる蒸らしに影響してしまうからです。


ペーパードリッパーを敷くだけの簡単な作業ですが、
一つ一つ丁寧に行いたいところです。



コーヒーの粉をセットする

ドリッパーの上に成形したペーパーフィルターを1枚セットしたら、
計量スプーンでコーヒーの粉を計って入れて行きます。
 
粉の量の目安はカップ1杯につき約10~12gが基本です。
量を増やせば濃く入りますし、減らせば薄いコーヒーになります。

2~3杯とたくさん入れたい時は杯数分を入れると良いでしょう。

更に同じ分量でも粉がどのように挽かれたのか?によって、
味の濃さが変わってしまいます。

その粉で入れる最初の1杯は基本の分量で入れて、
慣れてきたら好みに応じて調節すると良いですよ。


普通は粉の量は計量スプーンを使って計りますが、
計量スプーンによっても容量は違いがあります。

計量スプーンはむやみに変えずに、
毎回同じコーヒー粉の量で入れる事が大切です。


ふだん使用する計量スプーンを決めておく事をオススメします、
粉が変わった時にでも同じ量で入れる事が出来ますよ。


Sponsored Link



お湯を注ぐ前に

湯の温度は80~90℃前後が最適です。

いろんな本に書いてありましたし、
実際コーヒーを入れてみて私もそう思います。

私は実際にお湯の温度を計って飲んだ事があります。

80℃くらいまで温度を下げたお湯で入れた方が、
よりコーヒーのまろやかさが感じられましたよ。


沸きたて100℃の熱湯でも入れてみましたが、
これだともう… コーヒーの味(風味)は飛んでしまいました。


コーヒーを入れる時のお湯の温度はとても大切です、
味を決める大きなポイントだと言えるでしょう。


本当は温度計を使って温度を測って、
自分が決めた温度で入れる事が望ましいのですが。

家庭で毎回お湯の温度を測ってコーヒーを入れるなんて、
どんなにコーヒーが好きな人でもやらないと思います(笑)。

毎回決まったお湯の冷まし方を決めておくと良いでしょう。

私のお湯の温度の管理方法ですが…

まずお湯を沸かすヤカンから…、
沸騰したお湯をマグカップに注ぎます。

その後にお湯を注ぐ為の陶器の急須とマグカップの間を、
3回(往復)、お湯を行ったり来たりさせて冷ましています。


注ぐ前にお湯をどういう方法で冷ますのか?を、
自分の家庭でのベストな方法を決めておきましょう。

私の様に2~3の器の中でお湯を移動させても良いですし、
キッチンタイマーで時間を計って冷ましても良いですね!

どれくらい手間(時間)を掛けてお湯を冷ました時に、
美味いコーヒーが入ったのか?

それを覚えておく事で温度計でいちいち計らなくっても、
十分に対応出来ると思いますよ。



お湯を注いでみよう!

ドリッパーにペーパーフィルターをセットしてお湯を準備したら、
実際にコーヒーお湯を注いで行きます。

この時に初めにする事は、
少量のお湯を注いで20~30秒蒸らします。

少量とはどれ位かと言うと、
コーヒーの粉が全体的にうっすらと湿る程度です。

この蒸らしをする事でお湯がコーヒーに浸透しやすくなり、
コーヒーの美味しい成分が抽出されやすくなりますよ。


その後のお湯の入れ方は好みによって変わってきます。
  • 一定の速度で超スローにお湯を注ぐ
  • 4~5回に分けてゆっくりとお湯を注ぐ
  • 一気に(でもゆっくり)お湯を注ぐ

大きく分けるとこんな感じでしょうか、
いずれも風味が変わってそれぞれに美味しく入りますよ。

どの入れ方でも共通するのは、
コーヒーの粉全体にお湯が行き渡るように、
お湯を「の」の字を書くように回しながら入れる事です。


これらを注意してお湯を注ぐと、
きっと美味しいコーヒーが入るはずですよ!



最後に


コーヒーに無頓着だった私でも、
今では大のコーヒー好きになれました。(照)

もしもあなたが、コーヒーの味の違いに気が付き始めたのなら、
それはコーヒー好きになる第一歩かもしれません。

是非家庭でのペーパードリップにチャレンジして、
自分好みの美味しいコーヒーに出会って下さい。


<コーヒーのまとめ記事> です。

この記事以外にも、
「もっとコーヒーを楽しむためのコツ」があります!
    ↓  ↓  ↓
コーヒーのまとめ!入れ方のすべてを網羅してみた!

見逃し厳禁です!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ