コーヒーは豆の挽き方で違いが出る!ミルで味の変化を楽しめる

Pocket

自分でコーヒー豆を挽いてみたい!
と思っているものの、

「難しいんじゃぁないの?」っと、
二の足を踏んでいる人は多いのではないでしょうか?



もしコーヒーが好きなのに、自分で豆を挽いた事がないのなら、
それは勿体無いと思います。

自分で挽いた、「挽きたての豆」で入れたコーヒーは、
味も香りも自分好みになり、とっても美味しいんですから!



コーヒー豆はコーヒーミルを使えば、
家庭でも自分で、簡単に挽くことが出来ます。

この記事では、
まだコーヒーミルで豆を挽いた事が無い!という貴方に、
その魅力についてお伝えします。

そして、私が経験して直面した、
幾つかの疑問にも、お応えしたいと思います。


Sponsored Link


コーヒーミルの魅力


私はコーヒーショップの前を通ると、
コーヒーの香りに吸い寄せられそうになります。(笑)

コーヒーが好きな人は、
あの香りが好きなのではないでしょうか?

知っていましたか?

コーヒーの香りは、豆が挽きたての時が一番なんですよ。




スーパーなどで手軽に買える、レギュラーコーヒーは、
開封した時こそ香り高いですが、
時間が経過すると、徐々に薄れてしまいます。

それは、豆から挽かれたコーヒー粉は、
空気に触れる時間と共に、香りが薄れてしまうからなんです。

でもコーヒーミルを使って、飲む直前に豆を挽けば、
毎回、挽きたての香りを楽しむ事が出来るのですよ。

コーヒーミルで豆を挽こう
また、挽き方によって、味のコントロールが出来て、
自分好みのコーヒー粉を作れるんです。

コレこそがコーヒーミルの魅力と言えます。


コーヒーミルの種類と使い方


コーヒーミルは言わば、
コーヒー豆専用の“磨り臼”です。

種類は主に、次の2種類です。

  • 手動ミル
  • 電動ミル

豆を入れて、挽いてゆき、
コーヒー粉にします。

手動のミルは、ハンドルをゴリゴリ回して、
固いコーヒー豆を、粉にしてゆきます。

簡単な作業ですが、コーヒー豆って、けっこう固いですので、
初めて手動のミルで挽くと、少し重いので驚くかもしれません。


電動のミルは、スイッチ一つで、プロペラが回り、
すぐにコーヒー粉の出来上がるんですよ。


手動と電動のメリットとは?


コーヒーミルには手動と電動が販売されていますが、
どんな違いがあるのでしょうか?

それぞれにメリット、デメリットがありますので、
まとめてみました。

そこには、
  • 豆を挽くスピード
  • 豆に熱が加わると、酸味が強くなる
これらの事が影響しています。


手動のコーヒーミル


お蕎麦の“磨り臼”と同じで、ゆっくりとまわす事で、
挽いた時に、高い熱を発生しません。

豆を正確に粉砕しやすいので、
思った通りに挽く事が出来ます。

これらがメリットです。


デメリットは
時間がかかるのが難点で、私の場合でも、
1杯分を挽くのにも1~2分くらい掛かります。

なんだ、1~2分か!と思うかもしれませんが、
毎日の事になると少し大変に感じます。

しかも妻の分まで、家族の分まで、2、3、4、5杯とかになると・・・
時間は掛かるし、意外と面倒くさいものなんですよ。(;^ω^A


電動のコーヒーミル


メリットはなんといっても挽くスピードが早い事です。

このメリットが結構優先されて、
電動を選ぶ人は多いんです。

デメリットは、
挽く時間で、コーヒー粉の粒の大きさを調整するので、
粒が揃いにくい事が欠点<です。

微紛や大きな粒が残るのは、
諦めるしかないですね。

また電動式では、どうしても高い熱が発生し、
それがコーヒーの味に、悪影響を与えてしまいます。

高額な物だと、構造を変えることで、
そのデメリットが解消されています。




値段に関しては、どちらも、3000~7000円くらいが主流ですが、
高いものになると、数十万円もします!

これから、コーヒーミルを買ってみようと思われる方は
数千円の物で十分だと思いますよ。

これで自分の好みを探してみましょう。


Sponsored Link


豆の量は?


1杯のコーヒーには、

コーヒー豆10~12gに対して、
お湯を140~200ccを使います。



挽かれたコーヒー粉は、計量カップに
すり切り1杯で入れる事が多いと思います。

その1杯が10~12gになっています。


では粒が大きいコーヒー豆の量は、どのように計るのでしょうか?

同じ計量カップに、コーヒー粉とコーヒー豆を入れて、
電子秤で計ってみました。


豆と粉のすり切り1杯は同じ重さ

同じすり切り1杯で、同じ重さですね!


コーヒー豆は粒が大きくて、隙間だらけになるので、
同じすり切り1杯では、軽くなると思いがちです。

でも実際は、豆も粉もすり切り1杯で同じ重さですので、
挽いたコーヒー粉でも、空気を含み、隙間が多い事が分かりますね。


豆を計る時も、計量カップを使って計れるんです。


味の違いとは?


コーヒーミルでは、自分で豆の挽き方を調整出来るので、
その時の調整具合で、味が変わるんですよ。

ではどの様に変わるのでしょうか?

  • 細挽きは、粉が細かくなるように挽きます。
    コーヒーを入れると、濃度が濃くなり、苦味が強まります。
    エスプレッソに向いています。
  • 中挽きは、細引挽きと荒挽きの中間です。
    ペーパードリップに向いています。
  • 荒挽きは、粉の粒が大きく挽きます。
    コーヒーを入れると、濃度が薄くなり、苦味が弱まります。
    水出しコーヒーなどに向いています。

豆の挽き方で味が変わる
細引き ⇔ 中引き ⇔ 荒引き



挽き具合の調整は、

  • 手動式では、ハンドルのネジを回す
  • 電動式では、豆を挽く時間
で出来ますよ。


ここで大切なのは、
どれが良いか?では無く、何が好きなのか?です。

飲む人の好み…サジ加減によるものですので、
買ったコーヒー豆と自分の味覚とで、微調整しましょう。

きっとその豆ならこの挽き方!と、
自分の好みに気がつくはずです。



最後に


コーヒーが大好きな私は、
低価格のドリップコーヒーを飲む事もあれば、
移動中などは缶コーヒーで済ませる事もあります。

お買い物に出かけた時などは、コーヒー専門店で、
1000円近くするような、拘りの1杯を飲む事もあります。



でも、たまの休日の昼下がり、家での昼食後のコーヒータイムは、
コーヒーミルで挽いた豆で、コーヒーを入れて飲んでいます。

手動のコーヒーミルで、
ゴリゴリゴリ・・・ ゴリゴリゴリ・・・ っと、
挽いている音を聴いているだけで、嬉しくなります!



自分好みの1杯を入れる為に費やす数分間の時間は、
コーヒー好きなら、至福の時間だと言えますよ。



コーヒーミルで、挽きたての豆で入れたコーヒーは、
最高に美味しいです。

もちろん、素人がする事ですので、たまには失敗もします。

それも含めて、
挽き立ての豆で入れたコーヒー魅力だと思いますよ。

まだコーヒーミルで豆を挽いた事が無いのでしたら・・・
是非、コーヒーミルで豆を挽いてみて下さい。

貴方のコーヒーの世界が、更に広がるはずですから。


<コーヒーのまとめ記事> です。

この記事以外にも、
「もっとコーヒーを楽しむためのコツ」があります!
    ↓  ↓  ↓
コーヒーのまとめ!入れ方のすべてを網羅してみた!

見逃し厳禁です!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ