金属アレルギーでも腕時計できる対策方法とは?5つのアイデアを紹介!

Pocket

金属アレルギーだから腕時計は無理なんだよね~ww」

私の妻は金属アレルギーなので何年も、
(アクセサリーや)腕時計は諦めていました

妻は長く腕時計をしていると、
金属アレルギーの症状で腕の肌が赤くなっちゃうんです。



同じ理由で悩んでいる人って、
あんがい多いのではないでしょうか?



今はスマートフォン(携帯電話)が、
一人一台は当たり前の時代です。

だから時間を知るだけなら、
「それだけでも十分」とも言えますが、腕時計って・・・

  • 仕事
  • ファッション
どちらの視点でも重要視されていると思うし、
何より妻は腕時計がしたい欲求があったんです。



そんな妻を何年も見てきた私は、
金属アレルギーの人でもなんとか付けれる方法を、
本やネットで調べ、また考えたりもしました。

するとあるんですね~!

いくつかのアイデアの中で、これは使えると思える
「金属アレルギーでも腕時計が出来る方法」
が見つかりました。


その中から今回は5つのアイデアを厳選して紹介したいと思います。

金属アレルギーの妻が、
腕時計をするために駆使している方法なんですよ。



もしあなたが「金属アレルギーだから・・・」と、
腕時計を諦めようとしているのなら、この記事を読んでみませんか?

あなたにもマッチする方法がはずですよ。(´^ω^`)


Sponsored Link



5つのアイデアを紹介

ではさっそく、5つのアイデアを紹介します。
それは・・・

  1. 背面に当て布をする(作る)
  2. 長袖の上から付ける
  3. リストバンドの上に付ける
  4. ケース素材を選ぶ
  5. NATOベルトを選ぶ

です。

一つ一つ見ていきましょう! ε≡ ε≡ (○,,^ω^)ノ




また前提として、
金属ベルトの腕時計は度外視します。

皮ベルトで、腕時計の本体をどう対処するか?
という目線でアイデアを紹介しますことをご了承ください。





アイデア1. 裏側に当て布を作る

金属アレルギー対策の当て布

はじめに紹介するこの方法は、私が一番自信を持っておススメ出来るアイデアです!

時計ケース裏側にひと工夫することで、肌との接触を避けることが出来ます。






腕時計の裏側の金属との接触をさけるために、
裏側にこんな工夫をしてみました。

皮のハギレを使って、当て布を作ったんです。








皮の当て布を外したところ




もう少し分かりやすく分解すると・・・
こんな感じになります。








上写真の時計では皮を使いましたが、
アウトドア系のデジタル時計などでは、
シリコン素材を使いました。

これもと皮素材の物と同じカットです。


こんな商品売ってないかな~と思って、
思いつきで作ってみたのですが、
あんがいハマっているな~と自負しています。


ちなみに材料ですが、

皮は布屋さんで、30cm角で300円くらいで、
シリコン素材は、100均ショップのキッチン用品で、
「ケーキの型」を流用しました。

加工も家にあるハサミと、
カッターナイフで簡単に出来ますよ。


材料費も安いので、ぜひチャレンジしてください。





アイデア2. 長袖の上から

秋から冬、そして春先くらいまでの、
長袖の時期は服の上から腕時計を付ける方法もあります。

  • 長袖Tシャツ(ロンT)
  • 薄いセーター(ニット)
の袖の上から腕時計をしちゃうんです。



さすがにビジネスでは難しいですが、
カジュアルでは男女共に出来ますよね?

直に地肌に触れないので、
金属アレルギーでも心配ありませんよ。





アイデア3. リストバンドの上から

長袖の上からはめる方法を少しアレンジして、
薄めのリストバンドを手首にして、
その上から腕時計を巻くという方法もあります。

我が家で使用しているのは、
100均ショップで買ったものです。

でもネット検索すれば、専用の商品もあるので、
気になる方は購入うする手もありますよ。


Sponsored Link



アイデア4. ケースの素材を選ぶ

腕時計のケースの素材には、
金属以外にも、

  • ガラス
  • プラスティック
など、金属アレルギーの人でも、
気にせず付けられる物もあります。



妻が持ってる時計に「スウォッチ」がありますが、

本体がプラスティック素材なので、
これも付けることが出来ます。


アイデア5. NATOベルトを使う

NATOベルトってご存知でしょうか?

腕時計の裏側を通す一本のナイロンベルトのことですが、
これも金属アレルギーの人には向いています。

一本のベルトになっていて、
時計の裏側を通して止めるんです。



もともとは、イギリス軍で使われている
時計のベルトのことなのですが、

ブームにもなったダニエルウェリントンなどで、
見たことがある人も多いのではないでしょうか?
それです。




腕時計の代わりを探す

金属アレルギーでも腕時計をする方法をいろいろ調べてみると、
腕時計の代わりを探すという意見が意外に多かったです。

「腕時計したいのに代わりを探す」って・・・
これはいかがなものか?

とも思いましたが、これもアイデアの一つなので、
ここで合わせて紹介したいと思います。




腕に付けない

腕時計を腕に付けない代わりに、

  • ポケットに入れておく
  • カバンに付ける
という方法もあります。




懐中時計

胸ポケットなどに、
懐中時計を入れる方法もあります。

スマホ(携帯電話)が全盛の今の時代に、
必要かどうかなんて無粋な事は言わずに、
ちょっと気取ってみるのも良いと思いませんか?




最後に

妻は金属アレルギーですが、
これらの方法をその時々で使い分けて、
いろんな腕時計をはめています。

あなたにもきっと合う方法があるとおもうので、
この記事のアイデアを試してみませんか?

そして、仕事にファッションに、
ぜひ腕時計を取り入れてください。

そうすることで今以上に・・・
あなたの毎日が楽しくなることを願ってます。(´^ω^`)



Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ