LDLコレステロールが高い原因!急いで改善すべき3つのポイントとは?

Pocket

悪玉と言われるLDLコレステロールが高い!
健康診断で、お医者さんからそう言われました。

私が真っ先に考えたのは、
「なんで高くなったんだろう?」でした。

LDLコレステロールが高くなる原因が分からなかったんです。


当時の私は、

  • とりあえずは、太っていない
  • 仕事は営業職で、外出ばかりしている
  • 健康に気を使い、タバコは吸わない
そういう状況でした。

「自分は健康的な生活を送っている」
「思い当たる節が無い」

そう思い込んでいたのです。



でも、LDLコレステロールについていろいろ調べてみると、
自分で気付かずに繰り返していた、生活習慣が見えてきました。

調べた事と、自分の生活とを照らし合わせて見たら、
いろんな「出来ていない事」が見えてきたんです。



それらは、LDLコレステロールが高い人が、
知らずに繰り返している事なんですよ。

怖いですね~(笑)



でも大丈夫!
知らないから出来ていないだけで、難しい事は一つも無いですし、
誰にでも、簡単に変えられる生活習慣ばかりなんですよ。

私と一緒に見てゆきましょう。


Sponsored Link


急いで改善すべき3つの習慣


LDLコレステロールが高くなる原因は多岐に渡りますが、
その中でも、とりわけ急いで改善すべき生活習慣は、
3つほどあると言われています。

それは、

  1. 食生活
  2. 運動不足
  3. 喫煙

です。

LDLコレステロールで気を付ける生活習慣
これらの事が、
LDLコレステロールが高いと診断された人にどう悪いのか?

一つずつ説明してゆきますね。


1.食生活


まずは食生活から見てゆきますが、
「食べ物」と「食べ方」に分けて考えてゆきたいと思います。

食べ物


LDLコレステロールが高くなる人には、

  • 肉好き、野菜嫌い
  • 揚げ物が好き
  • 卵を食べ過ぎる
  • ラーメンや丼物など単品料理が好き
  • 缶のジュースやコーヒーをよく飲む
  • 甘いおやつが好き
これらの食習慣が考えられます。



私の場合は、

  • 営業職での訪問先で、商談後のお得意様との雑談の最中に、
    缶コーヒーを一緒に飲むのが慣例となっていた
  • 出先での食事が多く、ラーメンや丼物で済ませる事が多かった
  • 少しの残業がある時は、夕方にコンビニスイーツをよく食べていた
なんと3つも当てはまっていました。(;^ω^A



これくらいは大丈夫と思っていた事ばかりですが、
毎日の事で、長く続けていた事でもあります。

これまで蓄積されてきた、
自分の悪癖だと反省しています。



偏った食べ物等による、カロリーの過剰摂取は、
肝臓での中性脂肪の生成を、促進してしまいます。

その中性脂肪を運ぶ為に、
LDLコレステロールが増えてしまうのです。



まだ、年齢も若い頃でしたので、太ってはいませんでしたが、
お腹がたるんできていた事は事実でした。

着々と肥満が近づいてきていたのかも知れませんね。(笑)


食べ方


食事の内容以外にも、
“食べ方”にも問題は隠れています。

  • 早食い
  • 食べてすぐ寝る
  • 夜食を取る
  • 食べ過ぎる
  • 食事の時間が不規則
いかがでしょうか?

LDLコレステロールが高い人なら、
思い当たるケースがあるのではないでしょうか?



私は、早食い以外・・・
すべて該当していました。

夜食も低カロリーなら良いや!と油断していました。



これらの食べ方が良くない理由は、

  • 過食を招いてしまう
  • 寝ている間に脂肪に変わりやすい

ことにあります。



その後は、「食べ物」の章に書いた事と同じで、
結果LDLコレステロールを高くしてしまいます。

LDLコレステロールが高い人は、
「ゆっくり食べる」ことで、少ない量で満腹感が得られ、
食べすぎを避ける事が出来ます。

「寝る前の3時間以内には食事をしない」ことで、
就寝中の脂肪の増量を、避ける事が出来るんですよ。

Sponsored Link


2.運動不足


食事の改善だけでなく、体を動かすことも大事です。

適度な運動は、新陳代謝を高め、
体に蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼分解してくれます。

その結果、LDLコレステロールが下がる要因になるんですよ。




運動というとおっくうな人も多いと思いますが、
まずは、日常生活の中で、歩く機会を増やすだけでいいのです。

「足は第2の心臓」と言われるくらいに、
歩く事は大切な事です。

  • 運動不足
  • 運動がきらい
  • 短距離でも乗り物を使う
そんな人に、LDLコレステロールが高い人が多いんですよ。



私は車で営業回りをしていましたので、
外出ばかりと言えども、歩く機会は少なかったんです。

私も運動不足になっていたようです。



運動不足になると、体内のエネルギーが消費されず、
脂肪を溜め込みがちになってしまいます。

その結果、LDLコレステロールが上昇してしまう事になるんです。


これから運動を始める人は、激しい運動よりも、
楽でも続けられる、軽い運動を長く続けましょう。

まずは1日10分でも、歩く事から始めることです。


3.喫煙


LDLコレステロールが高い人が、
真っ先に改善すべきは喫煙です。

タバコと言えば、肺への影響を考えがちですが、
善玉である、HDLコレステロールを減らしてしまうという、
直接的な害があるんですよ。

回収の役割を持ったHDLコレステロールが減る事で、
LDLコレステロールが増えるリスクが高まります。



そのうえ、

タバコのニコチンは交感神経を刺激してしまい、
心臓の活動を活発化させてしまいます。

その結果、心拍数が高まり血圧が上昇して、
動脈硬化を引き起こす原因になってしまうんです。




LDLコレステロールが高い人の中には、
もしかしたら既に動脈硬化が進んでいる人もいるかも知れません。

そんな方がタバコを吸い続けたら、
心筋梗塞等の、深刻な病気のきっかけになりかねません。

今すぐに、タバコはやめるべきです。
「タバコは百害あって一理なし」は本当の事なんですよ。



これは、喫煙のみならず、タバコを吸う人が出す、
  • 副流煙(たばこの先から出る煙)
  • 呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)
  • などを吸入してしまう、受動喫煙もその原因になり得ます。

    私は、タバコは辞めて20年以上経ちますが、
    友達、職場、家庭・・・
    いろんな場所で、タバコを吸う人は周りに多かったんです。

    「自分はタバコを吸っていないから大丈夫」という考えから、
    受動喫煙を避ける努力を怠っていました。

    そんな事も、今の私が作ってしまった、
    LDLコレステロールが高い原因の一つかもしれません。



    受動喫煙は、仕事の関係等で、
    「仕方がない」という人は少なくないと思います。

    しかし、少しの努力をする事で、
    減らす事は出来ると思います。

    かつての私のように、
    知らなかったでは自分が損をするだけです。

    諦めないで、少しの努力を繰り返すことが大事です。


    まとめ


    では今回のまとめです。

    LDLコレステロールが高くなる原因の中で、

    1. 食生活
    2. 運動不足
    3. 喫煙

    これらが、まず貴方が改善出来る3つのことです。

    LDLコレステロールが高いと診断された方なら、
    今回あげた項目内の、各ケースの多くが当てはまるはずです。



    私もLDLコレステロールが高いと診断された一人です。

    私は対策として、

    • エレベーターを使わず階段を使った
    • 食事を定食に変え、間食を辞めた
    • 受動喫煙を避けるようにした
    等の事を実践しました。



    LDLコレステロールが下げるには、
    まだまだ時間もかかり、自覚もありません。

    でも、少し体調の良さを実感出来ましたし、
    前向きにもなれました。

    タバコを吸っている得意先の方とも、
    会話の幅が広がったんですよ。(笑)



    どの項目にも、
    難しい事は書いてなかったですよね?

    LDLコレステロールが高くて、気にしている人は、
    まずは出来る事から、始めてみませんか?


    Sponsored Link

    Pocket

    コメントを残す

    CAPTCHA


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ