ロコモティブシンドロームでチェックすべき項目!これで注意点が分かる!

Pocket

ロコモティブシンドロームに気をつけてください」
と言われたけど、何を注意したら良いのだろう?

腰痛で通院した時に、先生からそう言われましたが、
私はどうしたら良いのかわかりませんでした。

「歩けない状態に、近づいている」そう言われても、
何に注意したらよいのか分からなかったんです。(;^ω^A



あなたはどんな注意をしていますか?

もしかしたら、私と同じように
どんな対策をすれば良いのか分からないのでは?



人間は多くの場合、いつかは、
「寝たきり」「要介護」状態になってしまいます。

でも、事故にでも合わない限り、
ある日いきなり、そうなる訳ではありません。

そうなってしまう「道のり」があるわけですよね?



そんな道のりである、

  • 過去にやってしまったこと
  • 今すぐに出来ること
  • これから注意すること
を調べることで、
ロコモティブシンドロームの注意点が分かるんですよ。


あなたも私と一緒に、チェックしませんか?

そうすれば、ロコモティブシンドロームの危険から、
少しでも遠ざかることが出来るんですよ。

Sponsored Link



ロコモティブシンドロームなのかチェックしよう


ロコモティブシンドロームとは、

加齢により、人間の基本動作である、
「歩く」「立つ」「座る」が出来なくなり、
歩けない状態に近づくことです。

原因は、

  • 関節(関節の軟骨、椎間板)
  • 筋肉(腱)

の3つの運動器の、どれか1つに支障がでて、
連携に乱れが生じることにあるんですよ。

その結果、寝たきり、要介護状態になってしまいます。



「ロコモティブシンドローム」という言葉は、
2007年に日本整形外科学会によって作られました。

運動器の障害に注目をあつめるため、
メタボリックシンドロームを意識して作られた言葉なので、
「メタボ」にならって、「ロコモ」と略されて呼ばれています。

その日本整形外科学会が、
「ロコモティブシンドロームに該当する」と判断するために、
7つのロコチェック」という項目を作っています。

まずはそれを見てみましょう。



7つのチェック項目


日本整形外科学会から一般的に公開されている、
7つのロコチェック」を紹介します。

一つ一つチェックしてみて下さい。

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたりすべったりする
  • 階段を上がるのに手すりが必要である
  • 家のやや重い仕事が困難である
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
  • 15分くらい続けて歩くことができない
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない

1つでも該当すれば・・・
あなたもロコモティブシンドロームに該当するんですよ。


私は腰痛を持っているので、
調子が悪いときは、片脚立ちで靴下がはけないときがあります。

すでに、ロコモティブシンドロームになりかけているんです。(;^ω^A



ロコモティブシンドロームを遠ざけるために


私のようにならないために・・・
「7つのロコチェック」の該当する項目を、
遠ざけるための注意点をまとめてみました。


ロコモティブシンドロームを遠ざけるための
更なるチェック項目です。

一つ一つ見直して下さいね。

過去を振り返ってチェック


まずは、自分の過去を振り返ってみましょう。

過去は変えられませんが、振り返ることで、
もしかしたら何か、傾向が分かるかもしれませんよ。


スポーツのやりすぎ


ロコモティブシンドロームの原因に運動のやり過ぎがある スポーツは楽しいものですが、
怪我もつきもので、

  • 準備運動が充分でない
  • 正しいフォームでなかった
  • 運動後のケアをおこたった
など、正しく行わないと、
ダメージを残してしまう事があります。


思いがけないケガをしたりすると、骨、関節、筋肉など、
すべての運動器に、後遺症を負うリスクががあります。


運動習慣のない生活

運動のしすぎのリスクを書いた後ですが、
しないのも良くないです。

運動習慣のない生活を続けていると
徐々に運動器全般が衰えてしまうんですよ。


また、学生時代にスポーツに打ち込んでいても、
卒業と同時にピタっと止めてしまう人って多いですよね。

しばらくは当時の貯金で、平気かもしれませんが、
運動しない時期が長くなると、筋肉は減るのも早いんです。

ジョギング、サイクリング、ウォーキングなど、
軽い有酸素運動などで、充分ですので、
継続できることを見つけたいものです。


過去の骨折歴

過去に骨折したこと、ありませんか?

骨折の理由によりますが、
若くても骨密度が低い人もいます。

理由が軽い転倒などなら、
1度病院で調べたほうが良いですよ。


また、高齢で発症すると、
寝たきりの要介護に直結してしまうような、

  • 脊柱骨折(せきちゅうこっせつ)
  • 大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

をしたことがある人は、将来の再発のリスクが、
無い人の3~5倍だと言います。

ご両親様にその骨折歴があると、
発症のリスクが1.5倍前後と高くなります。


ぜひお聞きになってくださいね。


Sponsored Link


アラフォー世代から急増する危険度チェック


ロコモティブシンドロームの危険は、
40歳を過ぎてとたんに増します。

それまで、当たり前のようにやってきたことが、
常識ではなくなる年代と言えますね。

「いつまでも若い」のは気持ちだけにして、(笑)
自分の体と向き合いましょう。


やせ過ぎと太り過ぎ

ロコモティブシンドロームには体重も大切


体重の管理・・・
ダイエットも大切です。


私も、何度もチャレンジしては、リバウンドを繰り返しています。(;^ω^A




ロコモティブシンドロームを意識する年齢になると、
「やせ過ぎ」も「太り過ぎ」もよくないんですよ。

  • 「やせ過ぎ(BMI値⇒18.5以下)」

    まず骨量が減少するので、
    低骨密度の原因になります。

    そして、筋肉量が減ると、
    転倒しやすくなります。

    脂肪が少ないことで、衝撃も大きく、
    骨折リスクも高まるんですよ。
  • 「太り過ぎ(BMI値⇒25以上)」

    太り過ぎると、「腰の椎間板」や
    「ひざの関節」への負担が大きくなります。

    関節軟骨は一度すり減ると、
    修復が難しい部分です。

私は太りやすく、油断すると、
BMI値が26~27くらいまで上がってしまいます。

その度に25以下に調整するようにしているんですよ。
(やせ過ぎの心配は無さそうです)

ほどほどが良いようですね。


活動量を減らしてしまう

普段の生活の忙しさで、歩くことが減っていませんか?

前の章の「運動習慣のない生活」にも通じますが、
中年になると、歩くことが減りがちですよね?

歩く機会が減ると、各運動器の働きが低下して、
バランスが崩れてしまう
んですよ。


活動量を減らしてしまう原因になるのは、
エレベーターや自動車などの使い過ぎでしょうか?

だったら、

  • 階段を使う
  • 通勤時に歩く機会を作る
などの工夫をしてでも、
自分の足で歩くことは大切だと言えますね。


痛みやだるさの放置

腰やひざに痛みがある人は、
「年のせい」とそのままにしていませんか?

もしかしたら、重篤な病気が隠れていて、
運動器の衰えるを進行させることも考えられます。

原因を知っておくことで対策も出来るし、
もし治療が出来るなら、早めにやっておくべきです。


あらゆる年代での危険をチェック


どの年齢でも、注意すべきことがあります。

それらもチェックしていきましょう。


喫煙


タバコを吸うリスクは、ここでも登場します!
ぜひ止めてください。(;^ω^A

タバコを吸う人は、
骨密度が低く、骨折リスクが高いんですよ。

タバコのニコチンは末梢血管を収縮して血流を阻害し、
骨の栄養となる酸素を送りにくくさせます。

ニコチンの有毒作用により骨細胞の増殖を阻害もするので、
骨粗しょう症などのリスクも高まるんです。



喫煙量が多さに比例するので、
やはり止めたほうがよいと言えますね。


飲酒


飲酒も骨に影響をあたえます。

許容量は、ざっとですが、

  • 缶ビール2本
  • 日本酒2合
  • 焼酎1合
  • ワイングラスで2杯
ほどになります。

これを超えるとやはり骨に影響があり、
「骨柤しょう症性骨折」「大腿骨頸部骨折」
のリスクが高まります。

また飲みすぎでの転倒の可能性もあるので、(笑)
やはりアルコールもほどほどが良いですね。



最後に


日本整形外科学会の「7つのロコチェック」と、
ロコモティブシンドロームを遠ざけるためのチェック方法を、
いろんな項目に分けて紹介してきました。

こうして自分を再チェックすることで、あなたにもすでに、
体に現れているとこや、予兆があったのではないでしょうか?


でも、これまでの道のりを振り返ることで
自分の注意点が分かりましたよね。

なので、ロコモティブシンドロームを遠ざけるために、
これからやるべきことを、自分で決める事が出来ます。

あなたの健康寿命は、今日からの選択しだいで、
随分とコントロールできるはずですよ。


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ