ロコモティブシンドロームのまとめ!正しく知って予防の対策をしよう!

Pocket

「いつか自分は歩けなくなる・・・」

あなたは、
そんな想像をしてみたことってありますか?

ロコモティブシンドロームで歩けなくなるかも?
40代後半の、中年の私はまだ、「いつかそうなるんだろうな~」くらいの想像しかできません。


でも、調べれば調べるほど、
その足音はすぐ背後にせまっていたんですよ!(;^ω^A ヒエ~


平均寿命80歳とも言われているほどの、
長寿大国である日本です。

でも健康寿命は-10歳と言われているんですよ。



少しでも長く、自分の足で歩くために、
ロコモティブシンドロームの情報をまとめてみました。

出来るだけ永いあいだ、自分の足で歩けるように・・・
あなたの、お役に立てれば幸いです。

Sponsored Link


ロコモティブシンドロームを知ろう!


ロコモティブシンドロームって何だったっけ?」

40代よりの下の世代の知識なんて、
これくらいのものなのではないでしょうか?

ほっとくと、歩けなくなり、「寝たきり」「要介護」になってしまう、
それがロコモティブシンドロームなんです。

その意味と原因を紐解いています!

40歳をすぎると、運動器の「骨」「関節」「筋肉」はどうなるのか?
しっかり知っておきませんか?
   ↓   ↓   ↓
ロコモティブシンドロームとは?その意味から原因までをわかりやすく説明!





ロコモティブシンドロームとは、
どういう状態のことを言うのでしょうか?

自分が当てはまるのか、将来は大丈夫のなのか、
はっきりしないと心配になりますね。

そのチェック項目を見てみませんか?



そうならないために注意すべきこととは?

  • 自分の過去を振り返って
  • アラフォー世代ならではのこと
  • あらゆる年代での危険とは
1つ1つ、具体的に書いています。
   ↓   ↓   ↓
ロコモティブシンドロームでチェックすべき項目!これで注意点が分かる!

これで不安は解消できます。


Sponsored Link


具体的な予防の方法


ロコモティブシンドロームの予防に食事?

運動器と食事にはどんな関係があるのでしょうか?

  • 積極的に食べたいもの
  • 控えたほうがよいもの
とはいったい何なのでしょうか?

そんな疑問をもっているあなたに読んで欲しいのが
今日から出来る、ロコモティブシンドローム対策の方法です!
   ↓   ↓   ↓
ロコモティブシンドロームの予防!食事とターンオーバーの関係って?




ロコモティブシンドロームを予防する体操や運動って、
高齢者むけのものが多いですよね?

ロコモティブシンドロームは、
40代から始まり、50代で発覚することが多いと言われています。

でも中年が対策をしようとすると、
自分で探して作るしかないようです。

そこで、

私が実際にやっている、
体操や運動をお伝えします。


けっこうキツくて・・・効きますよ!(;^ω^A
   ↓   ↓   ↓
ロコモティブシンドロームを体操と運動で予防!40代から始めよう!



最後に


いずれは歩けなくなる・・・と聞いてもほとんどの人は、
「私はまだまだ大丈夫」と思っているのでは?

だって、私もそう思っていますから。(;^ω^A



でも、腰痛で痛くて歩けないときの私は、
すでにロコモティブシンドロームだと言える状態です。

まだ回復できますが、
その周期は、今後長くなると予想できます。

あなたも、何か疾患を持っているのではないですか?



運動器の衰えは、
50歳を迦ぎて急に現れることが多いんですよ。

そうなる前に・・・
今できることを、やっておきませんか?

少なくとも、私は始めます!
だって1日でも永く、自分の足で歩きたいですからね。


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ