めまいでふらつき!病院は何科?すぐ行けない時の対処法は?

Pocket

めまいを繰り返していませんか?

「普段の生活の中で、急なめまいに襲われたら?」
あなたは、そんな心配をしているのではありませんか?



めまいのふらつき
私も、繰り返すめまいに悩んだ経験があります。

病院に行きたくても、仕事に追われて休みを取れないし、家では炊事洗濯などもあり、寝て過ごすわけに行きませんでした。

しばらくは病院に行けず、めまいでふらつきながらも、日常生活を続けていたんです。



そんな経験をした私だからこそ分かる、
めまいを発症してから、病院にいくまで・・・
のことを、

  • 日常生活でのめまいの対処方法
  • 病院に行く前に、準備しておきたいこと
の視点でお届けしたいと思います。

私が不安な日々の中で、経験をして得た情報は、
今まさに、めまいで悩んでいるあなたに、
きっと役に立つはずです。


Sponsored Link



めまいがおきた時の対処法

私は、めまいに悩みながらも、仕事は休めず、
日常生活も続けなければならず、大変でした。(;^ω^A

めまいは、不規則に繰り返して、
どんな時におこるか分かりません。

あなたのめまいも、
どんな場所でおこるのか分からないんですよ。



そんな時の対処方法を紹介したいと思います。

私がめまいの時に、気をつけていたことであり、
めまいが無くなった今でも続けているんですよ。

いろんな場所で、応用して下さいね。



外でめまいがおこったら

めまいに悩んでいた私が、
真っ先に心配していたのは、外出です。

外でめまいがおこると・・・
考えただけでも、大変ですね!

私はこんなことに気をつけているんですよ。



歩いているとき

めまいをおこさないように、
「早く歩く」「急な振り返り」を避けるようにしました。

めまいがおこったら、立ち止まり休みますが、
座れるところがあれば座るようにしています。



階段で

めまいがおきたらすぐに掴まれるように、
階段の手すりの近くを歩いています。

デパートなどの横幅が広い階段では、
真ん中を歩かず、端を歩くんです。

もし階段でめまいがおきて、立ち止まったら、
下に移動してはいけません。

めまいのまま、階段を降りると、ふらつきやすく、
転倒する危険があるので避けたほうが良いですよ。


その場で座るか、
上に昇って移動し、休んだほうがよいです。



電車やバスに乗っているとき

事前に、手すりなどのつかまれる物を、
先に決めておくとよいでしょう。

事故をさけるために、乗り降りの前後は、
線路、道路沿いから離れて歩いています。

もしめまいがおきたら
動きが少ない、遠くの景色を見ると楽になります。

そして、席が空いていれば、
座ることにしています。

症状が落ち着かなければ、
途中で降りてでも、休んだほうが良いです。



車の運転

出来るだけ運転は避けるほうが良いでしょう。

もし運転中にめまいがおきたら、
路肩に停車し、シートを倒して休んだほうがよいです。



家でめまいがおこったら

家でのめまいなら、対応はしやすいですが、
家庭にも幾つかの危険があります。

ぜひ知っておいて下さい。



台所

まず火を消して、コンロから離れて下さい。

熱いなべ、包丁などの刃物は
よろけて触ると危険ですので、離れましょう。



浴室

めまいを発症していた時は、
ながくお風呂に浸かるのを辞めていました。

のぼせてめまいを誘発しないようにです。

もしお風呂でめまいがおこってしまったら、
すべって転んでしまう危険があります。

洗い場などでしゃがんで休み、
落ち着いてから部屋へ移動しましょう。



テレビやラジオ

めまいは、耳が原因の場合が多いので、
音が刺激になり、症状が悪化することがあるんです。

また、テレビやラジオなどには、
不快な音が使われる場合もあります。

音が出るものは消した方が良いですよ。


ここまでが、私のめまいの対処方法でした。

いろんな予測を立てて、危険から身を離すことで、
まずは、安全な日常生活をおくってください。

そして、次に続く通院への準備に供えましょう。


Sponsored Link



めまいはどの病院に行くのか?

私はめまいがおこって、
病院に行こうと思ったのですが・・・

病院のどの科を受診してよいかわかりませんでした。(笑)

でも、同じように思っている人って、
意外と多いのではないでしょうか?



80%は耳鼻咽喉科

前回の記事で、
めまいの原因の80%は耳が原因だと書きました。
   ↓   ↓   ↓
原因不明のめまいに悩んだら?3つのタイプで判断できる!

なので、めまいの多くの場合は、
耳鼻咽喉科に行くのが良いです。

  • めまい相談医の方がいる
  • めまい外来がある
そんな病院を選べると、もっと良いですね。



めまいにともなう症状をチェック

めまいと一緒に、

  • 手足のしびれ
  • 激しい頭痛
  • 舌のもつれ
  • ものが二重にみえる
  • 意識低下
などの症状があれば、脳の病気が疑われますので、
すぐに救急車を呼んでください。

その場合は、
神経内科脳外科で診察を受けることになります。



めまいの原因が、脳の病気である確率は、
症状を訴える人の10%ほどです。

でも、この場合、重篤な病気の可能性があるので、
注意が必要と言えますね。

前述のような症状はなく、めまいだけなら、
安静を保てば落ち着くはずです。



持病のある人は?

高血圧や糖尿病などの持病がある人は、
脳の病気をおこすリスクが高いです。

かかりつけ医内科医を受診して下さい。

持病が悪化していないか?
チェックしてもらうと良いでしょう。



病院での問診で伝えたいこと

ようやく、病院に行くことができました。(;^ω^A

でも、めまいは原因が多いですし、
症状もさまざまです。

どう伝えたらよいのでしょうか?


病院では、まず問診が行われますね。

めまいの診断では、この問診がとても重要です。
自分の症状を口で伝えなければなりません。

私の母親もめまいに悩んでいた1人です。

私がめまいで病院に行く時に、母に、
病院でどんな話をしたのか聞いた事があります。

すると・・・

「めまいで、歩けないので、料理も洗濯も出来ない~」とか
「めまいの時は、車の運転が出来ないの~」とか話したよ♪
とのこと(;^ω^A
(それって相談じゃん!っと思いましたが・・・)

症状の説明は一切しなかったそうです。(笑)


実はコレ、
珍しい話ではないんですよ。

私も母ほどではなかったですが、
上手く話せなかった1人なんです。



その時先生が聞いてくれた事が、
キチンと伝えるべきこと、だと気づきました

その内容をまとめてみました。
返答例として、私と母の症状を書いています。

めまいの症状を伝えるのは難しいですが、
この項目ぐらいの、返答は出来るようにしておきましょう。


伝えること
返答例
いつ、どんな状況でおこったか? 首を動かした、立ち上がった
人に呼ばれて振り向いた(母)
寝返りをうった(私)
「状況を伝える」
どのくらい続いたか? だいたい30秒(母、私)
「持続時間を伝える」
どんなめまいなのか? ぐるぐるを目が回る(母、私)
「めまいのタイプを伝える」
他になにか症状を伴うのか? 無し(母、私)
「“めまいにともなう症状をチェック”で書いた『手足のしびれ』などがあれば伝える」
繰り返しおこるか? 1日に何回も不規則に(母、私)
「繰り返す場合は、悪化しているかどうかも伝える」
現在のんでいる薬・既往症はあるか? 糖尿病の薬(母)
無し(私)
「生活習慣病などの、病気での服用薬があれば伝える」
 

問診では自分の症状を、
的確に医師に伝えるようにしましょう。



最後に

病院に行って、受診まですれば、
あとはお医者さんの指示にしたがってください。

的確な治療の方針をうちだしてくれるはずです。



ちなみに、私と母のめまいは、どちらも、
「良性発作性頭位めまい症」と診断されました。

怖いと思っていた脳の病気ではなく、
耳の病気だったんです。

今は、母も私もめまいはおさまっていますが、
また、いつ発症するか分かりません。


なので、めまいが無くなった今でも、
上に書いたような注意をして、普段の生活しているんですよ。

あなたも、油断せずに、めまいにそなえて、
快適な日常生活を続けて下さいね。


「めまい」の記事のまとめ

急なめまい、親子2代での同じ症状・・・
原因は? 対策は? その効果は?
私の体験記はきっとあなたのお役に立てるはずです!
    ↓  ↓  ↓
めまいのまとめ!不安や悩みはコレで解消できる!

是非ご覧ください!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ