めまいの症状が再発した!原因は生活習慣にある?

Pocket

めまいの再発に苦しんでいませんか?

せっかく、「めまいが治まった~っ!」のに・・・
「再発した~(涙)」と嘆いていませんか?

めまいが症状に出る病気が、再発したら・・・
私のめまいは、1度はしっかりと治りました。

でも、翌年の同じ時期になると、再発してしまい、まためまいに苦しんだんです。

そういうものなのかな~と、諦めかけていました。(;^ω^A



そして、ふたたび通院した時に、先生は、
「めまいを再発してしまう人の多くは、
生活習慣に問題がある」とおっしゃいました。

そこで「本当かな~っ?」と思いながらも、実践してみると、
なんと、劇的に改善したんです!

先生、うたがってごめんなさい!でした。(笑)



もしあなたがめまいの再発に悩んでいるなら、
生活習慣を改善する事で、治る可能性もあります。

その仕組みを知って、辛いめまいを無くしましょう!

 

Sponsored Link



めまいを悪化させる生活習慣

私がご指導いただいた、改善すべき生活習慣を、

  • 運動
  • 生活リズム
  • 食事
  • ストレス

に分類してみました。

今あなたが、めまいの再発で苦しんでいるのなら、
自分の生活を振り返ってみませんか?

思い当たるもの・・・
案外たくさんあると思いますよ~。



運動習慣

【先生の言葉】
めまいに悩むと、外出が怖くなり、
安静にしたくなりますね。

でも、めまい改善の為には、
出来るだけ、体を動かしたほうがよいのです。

もちろん、めまいがひどく動けないなら、無理は禁物です。

でも、

適度な運動をすれば、血流がよくなり、
めまいの改善につながるんですよ。




めまいのある人に向いている運動

めまいのある人に向いている運動は、
有酸素運動です。

ウォーキングジョギングなどが手軽でよいです。

これらの運動は、

  • いつでもどこでも手軽にできる
  • 日常生活に取り入れやすい
  • 自分のペースで出来る
という利点があります。

もしめまいがおこっても、
休憩しやすいのも利点です。

まずは、軽い運動を続けていき、
自信がでてきたら、
球技などをしても良いですよ。

でも、得点スポーツで、むきになり、
無理をしないように・・・注意が必要ですね。(笑)



めまいのある人に向かない運動

めまいの人に向かない運動は、
筋肉トレーニングなどの無酸素運動です。

グっと息を止めて行う運動は、血管や心臓に負担がかかり
めまいを誘発すると言われています。


なので、重いものを持ち上げることも、
普段の生活の中でも、避けたほうがよい動きです。



また有酸素運動の中でも、
水泳などの水中での運動はおススメ出来ません。

これらは、肥満や動脈硬化の改善には効果的ですが、
もし、水中でめまいがおきてしまうと、
おぼれてしまう危険がありますからね。


Sponsored Link



生活のリズム

めまいに悩む人が気をつけるのは、

  • 急に振り向く
  • 急にしゃがむ、起きる

など、“急”が付く動作です。

【先生の言葉】
急な動作をする時に、気をつけるのはもちろんですが、
そうならないように、生活のリズムを整えましょう。



朝寝坊

朝はギリギリまで寝ていて、
「出勤(登校)まで時間がない!」

なんて、いつも慌てて、
玄関を飛び出していませんか?

朝寝坊は、急な動作を生み出す元ですね。

起床や洗顔など、朝のあわただしい行動は、
めまいを引き起こしやすくなるんですよ。



お風呂

私は、お風呂は熱い湯に入るのが大好きですが・・・
これもめまいには良くないんです。

熱い湯は自律神経を刺激し、
体のバランスを崩しやすいんです。


また、お風呂に長く入ることも避けましょう。

長湯をすることでのぼせやすくなり、
めまいを誘発しやすくなってしまいます。

ぬるめの湯で半身浴がおススメの入り方です。



夜更かし

私は、夜遅くまで起きている事が多く、
慢性的に睡眠不足です。

めまいの原因になる自律神経の乱れは、
しっかりと睡眠をとることで、安定させることが出来ます。


めまいの軽減・予防につながるんですよ。

早寝することで、
「朝寝坊」もしなくなりますしね。(;^ω^A



食生活

【先生の言葉】
めまいと食生活は、遠いようで近い問題なので、
血行の改善をうながす食事を選んで下さい。

めまいを助長させる要因のひとつに、
内耳の血行障害があります。

動脈硬化までは行かなくても、
進行が進むようだと、めまいをおこしやすくなります。


血流を良くして、動脈硬化を防ぐ、
そんな食生活が理想と言えますね。



バランスの良い食事

仕事が忙しく、外食が続いていませんか?

昼食を、ファーストフードやコンビニなどで、
簡単に済ませていませんか?

栄養のパランスが偏っていると、
血行障害のもとになります。

私は、昼食は外食が多く、適当に食べていましたが、
定食メニューにしたり、幕の内弁当にしたりと工夫しました。

食生活に関しては、こちらの記事の内容も参考になりますので、
合わせてご覧下さい。
  ↓  ↓  ↓
LDLコレステロールを下げる食事!理想的な食べ方とは?



朝食抜き

朝ご飯を抜くのも、
生活リズムの乱れにつながります。

その結果、自律神経のバランスを崩し、
めまいの原因になってしまうんです。

朝食を取らない理由が、時間がないことなら、
朝寝坊から見直したほうが良いですね。



飲酒

少量の飲酒は、血管を拡張し、血行を改善するので、
健康に良いとされ、それはめまいにもあてはまるんです。

でも大量に飲むと、話は別で、
とたんにめまいに悪影響を与えてしまいます。


アルコールは、人間の平衡機能をになう、
内耳の三半規管の機能を低下させるんです。


酔っ払ってフラフラするのは、そのためで、
この悪影響は、めまいを誘発してしまいます。

「お酒は百薬の長」ですが、飲みすぎは、別の話なので、
体調をみて、適量に抑えることが大切だと言えますね。



ストレス

【先生の言葉】
仕事や家事、中には介護などで、
忙しくなった時に、めまいをおこす人は多いんです。

ストレス過多になると、自律神経のバランスを崩して、
めまいを引き起こすことがあるんですよ。


私にめまいがおこるのは、
仕事が忙しくなる年末でした。

それまでも、毎年体調を崩しがちでしたが、
とうとう、めまいにも現れたと言えますね。



あなたは、毎日仕事や家事に、
追われていると感じていませんか?

めまいで倒れてしまっては何にもなりませんので、
程よく休んで下さいね。



喫煙

私は吸わないので分かりませんが、
タバコはめまいの大敵です。

ストレスのはけ口を、たばこに依存していませんか?

喫煙は血流を阻害し、動脈硬化を促進させるので、
きっぱり禁煙することが大切ですよ。

私は受動喫煙を避ける為に、街で喫煙者がいたら、
息を止めて、急ぎ足で通り過ぎています。(笑)



最後に

以上がめまいに良くないとされる、
生活習慣でした。

ちなみに私は、喫煙の他は、すべて当てはまるので、
だらしのない、私の生活をさらけ出すようで・・・
恥ずかしい限りです。

そりゃ~めまいにもなるって話しですね。(;^ω^A



もしあなたが、めまいの再発に悩んでいるのなら、
まずは自分の生活を振り返ってみませんか?

今回ご紹介した、悪い生活習慣の数々・・・
もし、思い当たることがあるのでしたら、
それを一つ一つ、正していきましょう。



もしあなたの生活に、私のようなだらしない所があっても、
私は誰にも言いません!内緒にしますから、大丈夫ですよ。(笑)

今後、あなたの日々の暮らしが、健康的なものになっていけば、
それは、めまいの再発を遠ざける方法でもあるんですよ。


「めまい」の記事のまとめ

急なめまい、親子2代での同じ症状・・・
原因は? 対策は? その効果は?
私の体験記はきっとあなたのお役に立てるはずです!
    ↓  ↓  ↓
めまいのまとめ!不安や悩みはコレで解消できる!

是非ご覧ください!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ