水出しコーヒーの作り方!アイスで飲む最適な入れ方とは?

Pocket

水出しコーヒーって何?聞いた事はあるけれど・・・



あなたは、水出しコーヒーを、

  • コーヒー通の人が飲むもの
  • ドリップコーヒーで満足だから要らない
  • 高価で大掛かりな器具が要るのでは?
そう思っていませんでしたか?
だって・・・私がまさに、そう思っていましたから。(笑)



私は営業職での外回りの仕事の時に、
夏のランチタイムの食後に、よくアイスコーヒーを選んでいました。

そんな美味しいアイスコーヒーを、家でも入れてみたいと思い、
ペーパードリップで入れたホットコーヒーを、
氷で冷やして作ったんです。

熱々のコーヒーの中に氷をドバドバっと入れ、
やがて氷が溶け・・・よ~く冷えたアイスコーヒーの出来上がりです!


では・・・頂きますっ! っと飲んでみると、
「んん~~っ!マズいっ!!」

苦さが際立つ上に溶けた氷で水っぽくなっていて、
さすがに「マズいっ!もう1杯っ!」とは言えませんでした。(笑)

ペーパードリップでは美味しいコーヒーを入れる事が出来ると、
自信を持っていただけに少しショックでした。


自宅で美味しいアイスコーヒーを入れる事が出来ない・・・
何がいけなかったのでしょうか?

コーヒー好きの私は探究心をくすぐられたので、
美味しいアイスコーヒーを入れる方法を調べました。

その時に出合ったのが水出しコーヒーです。


早速私は自宅で実践してみるととっても簡単でしたし、
すぐに美味しいアイスコーヒーが出来ました。

しかも美味しいだけではなく、
他にも水出しコーヒーならではの良い事があります。

私が愛して止まない水出しコーヒー!
その魅力を語ってゆきます。


Sponsored Link



水出しコーヒーの美味しさの秘密

「水出しコーヒー」とは文字通りに、
水で抽出するコーヒーの事です。

通常のホットコーヒーはペーパードリップに豆を敷き、
お湯で入れてゆきますね。

しかし水出しコーヒーは
準備の段階からお湯は一切使いません。


このお湯を使わずに入れる事が、
アイスコーヒーに向いている大きな理由になるのですよ。

その理由を書く前に、
水出しコーヒーならではの特徴から書いてゆきます。



水出しコーヒーはカフェインが少ない

水出しコーヒーには大きな特徴があります。

お湯で入れるホットコーヒーに比べて、
水出しコーヒーはカフェインが少ないという事です。


カフェインには、
お湯には溶けやすいけれど、水には溶けにくいという性質があります。

お湯で入れたホットコーヒーに比べて、
水出しコーヒーはカフェインが少なくなります。

私が調べた所では、沸騰したお湯と常温の水とで、
コーヒー豆から溶け出すカフェイン量に30倍も違いがあるのです。

コップ1杯の水出しコーヒーに含まれるカフェインは、
お湯で入れた同量のホットコーヒーの30分の1という事になります。


もちろんコーヒーを入れる環境や豆の違い、
その時々の状況で差は出ると思います。

でもお湯で入れたコーヒーよりも、
カフェインが少ない事に間違いはありません。



アイスコーヒーに向いている理由

カフェインの味が苦いという事をご存知でしょうか?
その理由から水出しコーヒーは苦味が少ないのですよ。

コーヒーには他にもタンニンという苦味成分もあるのですが、
同じく水に溶けにくい性質を持っています。


水出しコーヒーは水で抽出しますので、
カフェイン・タンニンが溶けにくくなります。

そのおかげで
  • 苦味や酸味が少ない
  • さっぱりとした口当たり
  • まろやかでコクがある
という味になります。


ここで冒頭の私の失敗談に戻ります。

お湯で入れたホットコーヒーに氷を入れて、
美味しくないアイスコーヒーを入れてしまいました。


ホットコーヒーはお湯で入れますので、
カフェインやタンニンが溶けて酸味や苦味が出ます。

それはホットコーヒーの美味しさでもありますが、
冷えてしまうと凄く苦味が際立ってしまいませんか?


私が入れたアイスコーヒーはまさにそれ!
苦味だけが際立つ美味しくないアイスコーヒーだったのです。


カフェインが溶けにくいという性質を持つ水出しコーヒーなら、
冷えた状態でもコクはあるのに苦味はほとんどありません。


その性質が、
水出しコーヒーがアイスコーヒーに向いている理由なのです。


また、カフェインが少ないという事で、
低刺激のコーヒーになっています。

実際に飲んでいる私も、後味の違いを感じますよ。


絶対大丈夫だとは言い切れませんが、
妊婦さんや小さいお子様がどうしても飲みたい時には、
ホットコーヒーよりも水出しコーヒーの方がより安全だと言えますね。


Sponsored Link



水出しコーヒーの入れ方

水出しコーヒーの入れ方って、
「面倒くさくて難しそうだし、高価な器具が要るのでは?」っと、
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

でもご安心下さい、とっても簡単です!

もちろん専用の道具があった方が良いですが、
無くても入れる事が出来ます。


どんな方法で入れるのか?
幾つかの例を交えて説明したいと思います。

初めて水出しコーヒーを入れてみようと思った方に
ピッタリな方法ですよ。


専用の器具が無くても入れる事が出来ます

水出しコーヒーは専用の器具が無くても入れる事が出来ます。

では早速その方法を動画で説明してゆきます。
(1分くらいの動画ですので、お気軽にご覧下さい。)

とても簡単ですね!

では水出しコーヒーの入れ方を、
文字にまとめてみました!

使う道具は、
  • コーヒー豆
  • コーヒーサーバー
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター

の以上です。

お気づきと思いますが、
ペーパードリップと同じ道具で入れる事が出来ます。

コーヒー豆も普段ホットコーヒーを入れている物で大丈夫です。
今回使用した物も近所のスーパーで買った普通のコーヒー豆です。


入れ方の手順をまとめてみますと、
  1. コーヒーサーバーに直接コーヒー豆を入れる
  2. その中に水を入れスプーン等で掻き混ぜる
  3. 3~12時間ほど寝かせておく
  4. 抽出したコーヒーから豆だけをペーパードリップで濾す
以上で出来上がりです。


私はこの方法で初めて水出しコーヒーを入れた時は、
「こんなので本当に美味しいコーヒーが出来るのかな?」っと疑っていました。

でも飲んでみてビックリしました!
とっても美味しかったのです。

この方法で入れた水出しコーヒーでも、
十分に美味しく入れる事が出来ました。



専用の器具を使おう!

水出しコーヒーを入れる為の、
専用の器具もたくさん売っています。

高い物は数十万円したりしますので手が出ませんが、
私が使っている器具などは1500円くらいと安価です。

そんな安価な器具で入れた水出しコーヒーでも、
美味しいコーヒーを入れる事が出来ますよ。

私が使用しているのはハリオの「水出しコーヒーポットミニ」です。

水出しコーヒー,入れ方,アイスコーヒー
大きなガラスポットに専用のストレーナー(コーヒー粉入れ)が付いていて、
初めて見た時は縦長で特大の急須の様だと思いました。(笑)

この器具での水出しコーヒーの入れ方は、
ストレーナーにコーヒー豆を入れてポットにセットし、
最後に水を入れるだけです。

豆が水に浸した状態で、
3~12時間ほど寝かせておきます。


使う器具が違うだけで、
先ほどの「専用器具を使わない」方法と同じ要領ですね。

専用器具を使う利点は、
  • 一度にたくさん入れる事が出来る
  • ドリップで濾す手間が掛からない
  • フィルターにコーヒーの旨味を吸収されない
等です。

一つ一つはちょっとしたメリットですが、

私は水出しコーヒーを入れる目的の多くはアイスで飲む為で、
春から夏にかけての熱い時期には家族で1日に数回飲みます。

たくさん入れて連続で飲む事を考えると、
毎日のちょっとした時間の短縮ではありますが、
この手軽さはとってもありがたいものです。

使い始めると手放せなくなりますよ。


水出しコーヒーに慣れてきたら、
専用の器具の購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

さらに美味しい水出しコーヒーを作る事が出来ますよ。



「時間」と「量」を調整して味の変化を楽しもう

水出しコーヒーの入れ方が簡単だという事は、
ここまでで十分にご理解いただけたと思います。

ポイントは、
  • 水に浸す時間
  • 豆と水の量のバランス
この2つの要因だけとシンプルです。


でもこのシンプルな“時間”と“量”の組み合わせは無限です。


その無限の組み合わせの中から、
自分の好みの味を見つけ出す事も楽しみの一つです。

慣れてくるとコーヒーの味を “濃いめ” “薄め” と、
味の違いを演出する事も出来ますよ。


またコーヒー豆は、
水出し専用の物がたくさん販売されています。

本などでよく読む煎り方は、
「フレンチロースト」「イタリアンロースト」です。

これも慣れてきたらチャレンジしてみると、
より水出しコーヒーの魅力が深くなる事でしょう。



ホットコーヒーに出来るの?

水出しコーヒーはホットコーヒーにも出来ます。

ペーパードリップで入れたホットコーヒーとは違う、
くどくない爽やかなコクが楽しめます。

私の家族はカフェインの苦さを味わいたくないとの理由で、
水出しコーヒーを温めたホットコーヒーを選ぶ事があるほどです。


私が水出しコーヒーを温める為に試した方法は、

  • 湯せん
  • ヤカン
  • 電子レンジ
ですが、
オススメの方法は“湯せん”と“電子レンジ”です。


湯せんの方法はステンレスのマグカップに入れた水出しコーヒーを、
お湯を沸かした鍋に浸けています。

湯せんが面倒だな~っと思う時には電子レンジを使います。

マグカップに入れた水出しコーヒーを、
電子レンジで70度くらいにして飲んでいます。


そのままヤカンで火にかけても良いですが、
その時に注意するのは沸騰させない事です。

温度調整が難しくてコーヒーの風味が飛んでしまいます。

この方法はよく失敗しているので(笑)私は選びません。


この選択肢は自宅の設備でも変わってくるので、
自分に適切だと思う方法をいろいろ試してみる事をオススメします。



最後に

私が水出しコーヒーを入れるようになった理由は、
美味しいアイスコーヒーを飲みたいからでした。

お湯で入れた普通のホットコーヒーとは違い、
苦味が少ないのにコクがあるコーヒーになるんですよ。

ホットコーヒーにしても美味しいですが、
この方法で入れたアイスコーヒーを飲んだら、
きっとあなたも、
水出しコーヒーのファンになる事間違いなしですよ。


<コーヒーのまとめ記事> です。

この記事以外にも、
「もっとコーヒーを楽しむためのコツ」があります!
    ↓  ↓  ↓
コーヒーのまとめ!入れ方のすべてを網羅してみた!

見逃し厳禁です!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ