猫背の原因!生活習慣に隠れた危険とは?

Pocket

「あなた・・・猫背がひどいね~~ww」
そう言われて、ドキ!っとした経験ありませんか?

そして、周りを見回しても、
猫背の人って意外と多くないですか?



私もその1人でして、小学生の時から、猫背がひどく
体育の先生から、「背中~っシャキっとしなさい~!」と言われ、
丸めた背中をバシ~っと叩かれた、苦い記憶があります。(笑)

それ以来、猫背を気にし続けてきた人生を歩んでいます。(;^ω^A



なぜ人は猫背になるんでしょうか?



誰も好き好んで猫背になっている訳ではない、
でもなってしまう。

実は・・・その理由には、
生活習慣が大きな原因になっていたんです。

普段の、何気なく行っている習慣が、
あなたの猫背の原因かもしれませんよ。


Sponsored Link



生活習慣が原因の猫背とは?


猫背は直接的には、病気ではありません。

なので、姿勢を正して背筋を伸ばせば、
とりあえず治った気分になれます。



でも、私たちが普段何気なく過ごしている、
日常の中には、猫背になる原因がたくさんあります。

その原因である生活習慣を知らなければ、

何度あなたが猫背を治したとしても、
またすぐに背中が曲がってしまうんですよ。




また、猫背の原因には筋肉の低下もあるのですが・・・

私は、ダイエット目的でしたが、
運動やストレッチを、ジムで重点的にした事があります。

腹筋、背筋やダンベル運動、
けっこう筋肉も付いて、ダイエットは順調でした。

でも、ジムの中で歩いている、鏡に映った自分の姿は、
やはり猫背でした。

薄着だから余計に分かるんですよね~っ

筋肉を鍛えても改善出来ない事もあります。

そんな筋トレよりも強い力を持った、
猫背を引き起こす生活習慣とは何なのでしょうか?



この3つに当てはめて、説明したいと思います。

  • 首の猫背
  • 背中の猫背
  • 腰の猫背


首の猫背の原因


作業をする際に、手を前方に伸ばすことにより、
自然に肩も前に出てしまいますね。

肩は肩甲骨が開いてしまい、首は前のめりになり、
背中の上部を丸めてしまいます。


猫背の原因!生活習慣に隠れた危険とは?
分かりやすい例で言えば、

  • パソコンを扱っている
  • 料理をしている

時の姿勢です。



肩を前に出すことで、首もつられて前に出てしまいます。
(実際に試すと分かりやすいですよ)




仕事や、毎日の作業で、この姿勢が続く事で、
猫背になってしまうんです。

この、背中の上部が丸まってしまう事は、
首の猫背」と言われています。



これが、趣味なら控えれば良いですが、
仕事や家事などは、生活に必要な作業ですので、
避けられないですよね。

私は作業に没頭する事が多く、
その事が、猫背を誘発していると思っています。



この前に出す作業と同じくらい、
手を後に回す作業があれば良いのですが・・・

  • ズボンにベルトを巻く
  • エプロンなどを後で結ぶ
  • 車でのバックで手を椅子の後に回す
などと、日常的に数が少ない上に、
どの作業も、一瞬で終わってしまいますね。

手を前に出しての作業と、後に回しての作業には、
比べものにならない時間の差が出てしまい、
我々の体は、前後のバランスを取るのが大変なんです。



極論になりますが、

手を・・・ 
前に出した時間 = 後に出した時間
になれば、肩は前に出ず猫背になりません。(笑)

でもそんな事は無理ですので、
作業に没頭しすぎない等の注意をして、
猫背の対策をしましょう。


Sponsored Link


背中の猫背の原因


人間は2本足で立って歩くので、作業の多くは手で行います。
そして、前向きに付いた目で判断をします。

この構造から、手元で作業を行うにあたり、
必ず下を向かなければならないのです。



例えば、私ならこんな事をしてる時です。
仕事 家庭 趣味
字を書く
パソコン
電卓操作
料理
掃除
洗濯
ゲーム
読書
囲碁将棋
私の経験なので、多少の偏りがあるかもしれませんが、(;^ω^A
そんなに外れたことは、書いていないと思います。


この例を見ても、生活の中で行う作業は、
下を向くものが、とても多いと言えますね。

なんなら、1日中・・・
下を向いて過ごしている日もあるかもしれませんね。



この下を向く動作が多いことが、
背中を丸めて、猫背になってしまう原因なんです。

この時、背中の中央が丸まってしまいますので、
背中の猫背」になります。

私は、長く下を向き続けて、作業に集中していると、
体制が固定されてしまいます。

終わった後に筋肉が硬直しているのを感じます。

長く同じ体勢をしていると、
体は、それを覚えてしまいます。

猫背にならないように、
出来るだけ作業中は、自分で意識をして、
頻繁に体勢を変えることが大切なんですよ。


しかも、下は向くのに、なかなか上は向きませんよね。
「うがい」くらいしか思い浮かびません。(;^ω^A

こんな事情も、猫背の原因になんですよ。


腰の猫背の原因


我々は多くの場面で座る事がありますね!
1日中座りっぱなしの人もいると思います。

そんな座り姿勢には注意が必要なんですよ。

骨盤が後ろに傾きやすいんです。



腰の大きな骨である骨盤は、
やや前傾姿勢が望ましいんです。

ところが人は座ると、足が前に出る事で、
骨盤が後に傾いてしまうんです。


座って骨盤が後に傾く
  ↓
上体が後に傾斜する
  ↓
倒れまいと背中を丸める
  ↓
猫背になる


という悪循環になってしまいます。

傾いた骨盤により、後に寄った重心を支えようとして、
腰が曲がってしまうので、「腰の猫背」と言われています。

この猫背は、座り方で差が出てくるんですよ。

良い座り方


椅子なら、オフィス用チェアー等が良いです。
背もたれに腰を支えられるよう座りましょう。

キッチン用などの硬い椅子なら、浅めに座り、
ひざを水平よりもすこり落とすと背中がピンと伸びますよ。


床に座る場合は、正座が背中が伸びて良いですが、
ひざが痛かったり、足がしびれてしまいますよね。(笑)

そんな時は、1つの座り方を続けずに、
あぐら、体育座りなどを織り交ぜると良いでしょう。

私は正座椅子を使っています。

正座には意外と強いほうですが、
30代中半ころには使い始めました。

背筋が伸びて使いやすいです。

小さな積み重ねが大切です。

悪い座り方


柔らかいソファーに長時間座るのは、
猫背の大きな原因の1つです。

楽で、いつまでも座っていたくなりますが、

体がその体勢を覚えてしまう危険があります。



床での座り方では、横座りが良くない座り方で、
背骨、肩、首とすべて歪みます。

後に手を付き、足を前に出す「長座」は楽ですが、
骨盤が後に傾いたままですので、腰や肩に負担がかかっています。

出来れば避けたい座り方と言えますね。


普段なにも意識をしていないと、
猫背を悪化させてしまう事がいっぱいでしたね。

注意して生活したいものですね。

まとめ


ではまとめです。

生活習慣が原因の、猫背には、

  • 肩と首が前に出て、背中の上部が丸まる「首の猫背」
  • 下向き作業で、背中の中央が丸まる「背中の猫背」
  • 座ることで、腰が丸まる「腰の猫背」
がありました。


今回紹介したように、
人は多くの場合、背中を丸めて生活しています。

今の私もこうして、パソコンに向かい、
背中を丸めて、ブログを書いていますね。(笑) \_ヘ(^ω^`)



ねこ背の原因の多くは、パターン化された動作や姿勢です。

でもその反対の動きって、
意識していないと、なかなかやらないんです。

そのせいで、あなたの猫背は日々少しずつ、
進行しているんですよ~~ww



まずは、
猫背を意識することから始めましょう。

そして、生活習慣の中にある、
猫背を悪化させる習慣を自覚して下さい。

そうする事できっと、
あなたの猫背の原因はハッキリするはずですよ。

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ