老眼を改善!トレーニングで視力は回復するの?

Pocket

「老眼になっちゃったんだから、
近くが見えないのは当たり前だよね~ww」

ちょっと待って下さい!

あなたは老眼の症状を、
しかたが無いと、あきらめていませんか?



老眼は目の老化のことで、誰にでも訪れますが、
対策をしない人が多いんです。

他の老化には、いろいろするんですけどね~。(;^ω^A

私は、足腰が弱って、歩けなくならない為に
ウォーキングをしています。

また体の代謝が衰えて、LDLコレステロールが高いので、
その予防も兼ねています。

歯茎が弱らないために歯磨きもするし、
疲労がたまり、疲れやすいときは休養をとります。

私の例だけでも、老化にたいして、
こんなにいろいろ手を尽くしているほどです。



老眼になったからと言って、老眼鏡をかけるのは、
足を怪我した時に松葉杖をつくのと同じで、
対処しているだけなんですよ。

目も、他の老化と同じで、

老眼になったのなら、進行を遅らせるために、
トレーニングをしなければならないのです。




あれ?あなた・・・もしかしたら?

老眼を遅らせることが出来る運動があること、
知りませんでしたか??? 

大丈夫ですよ、
私も最近まで知りませんでしたから(笑)



私が始めた老眼を遅らせる・・・
いや、視力回復もできるトレーニングがあります。

一緒にやってみませんか?


Sponsored Link


老眼を改善する目のトレーニング


ではさっそく、目のトレーニング方法を、
紹介していきますね。

メニューはこちらです。

  • 遠近体操法と遠方凝視法
  • チベットホイール
  • アイネック体操
  • 目のマッサージ方法
  • 目を暖める

では、いってみましょう!!

ε≡ ε≡ (○,,^ω^)ノ


遠近体操法と遠方凝視法


まずご紹介するのは
超有名な、この2つの視力回復法です。

どちらもの運動も、

ピントを合わせる毛様体筋を運動させるので、
目の筋肉を柔軟にしてくれるんです。


どちらも効果はバツグンで、
私も日ごろ取り入れてやっています。




遠近体操法(えんきんたいそうほう)


「遠近体操法」は、
見ているものとの距離を変化させる方法です。

やり方は2つで、

  1. 「1つのものを見続けて、前後に動かす」
    自分の指を見ながら、離したり近づけたりします。
  2. 「遠くと近くを交互に見る」
    手元と、5m以上先のものとを交互に見ます。

の方法があります。

遠近体操法で目のトレーニング
遠くを見る時は、対象は何でも良いですので、
5mくらいは離れている、

  • オフィスなら、コピー機や壁面の棚
  • 家庭なら、キッチン家電や壁の時計
など、自分の環境の中で、
いろんなものを工夫して探すと良いですよ。


遠方凝視法(えんぽうぎょうしほう)


  • 夜空をジ~っと見つめる
  • 遠くの山などの景色を眺める

これが「遠方凝視法」です。
文字通り、遠くのものをしっかりと見る方法です。



「見えるかな~?見えないかな~?ちょっと遠すぎるかな~?」
くらいが丁度よいのですよ。(;^ω^A

見えないんだけど、見ようとする。
そんな意識をもって、しっかりと凝視してください。




でも雄大な景色に夢中になり、
「まばたき」を忘れないでくださいね。

逆に疲れてしまいます。(笑)

10秒~20秒見たら、
同じくらい休憩をはさむと良いですよ。



どちらのトレーニングも、瞳の奥にある、
ピントを合わせるための毛様体筋を鍛えてくれます。

そのトレーニングが終わると、
目がリラックスできるようになるんです。

風景画と風景写真


ちなみにですが、
このトレーニングに近い趣味は、

  • 風景画を描く
  • 風景写真を撮る
ことです。

私は、風景写真を撮るのが好きでしたが、
これを知ってますます力が入りました。

確かに遠方を、しっかりと見ようとするんですよ。

興味がある人は、
是非チャレンジしてください。


Sponsored Link


その他のトレーニング


次から紹介する「目のトレーニング」は
少しユニークな方法です。

えっ!こんな事が?と思うような方法もありますので、
楽しんで取り組んでくださいね。(´^ω^`)

チベットホイール

チベットホイールで目をトレーニング こんな絵を使ってトレーニングします。怪しさ満点ですね!(笑)

でも決してふざけているのではありません。これは「チベットホイール」と言います。

名前の由来は分かりませんが、たぶんチベットの織物のデザインに似ているからだと思います。



やり方は簡単で、
この雪の結晶の様なチベットホイールの外周を、
目で追ってなぞっていくだけ
なんですよ。

左右の目で、片目を隠してそれぞれやりましょう。

これが、水晶体のピントを合わせてくれる、
毛様体筋にとっても効くんです。

  • 一周するのに1~2分ですむ
  • 紙一枚で室内でOK
と早くて手軽ですので、
是非チャレンジしてください。

こちらから、PDFデータをダウンロードできます。

⇒ チベットホイール


アイネック体操


首の体操なのですが、
やり方はとっても簡単です。

背すじを伸ばして、正面を向き、
頭の後ろで指を組みます。


あとは肩を動かさずに、首と目だけで、

右 → 左 → 上 → 下

と向いていくだけです。


頚椎を正しい位置に戻してくれて、
目への血行促進につながるんです。

目に良いとされていますが、
単純に気持ちが良いですよ。(´^ω^`)

目のマッサージ


目の周りを軽くマッサージするのは、
眼球周辺の血行を促進してくれますので、
目には良いとされています。

  • 目の上下の「まぶた」や「涙袋」を、
    目頭から目尻に向けて軽くなでる
  • 眉毛を眉頭からこめかみに向けて軽くなでる
これだけで、少し目が楽になります。

目を暖める


これはトレーニングではなく、
目の休憩の方法です。

目を暖めることは、
血行促進にとてもよいことなんです。



私がやっている方法は、

  • ホットタオルを目の上にかける
  • レンジでチンする、目を暖めるアイマスクを使う
    (ドラッグストアなどで売っています)
です。

熱くない程度で「暖かくて気持ちイイ」
と思えるくらいにしましょう。



逆に目を冷やすことは止めてください。
危険ですらあります。

冷やしたオシボリなどを目に当てると、
始めはヒンヤリして、気持ちがよいです。

それを続けると、周辺の血行がわるくなり、
調整機能が低下して、ピントが合わなくなるんです。


もし目の周辺を冷やしたいときは、
数十秒くらいで止めたほうが良いですよ。

最後に


たくさんの目のトレーニングを紹介してきましたが、
その目的は、目の機能を正しく使うことです。

「1日中パソコンの前に座っているので、
目はズ~っと使っているよ!」

などと怒られそうですが、そうではありません。



パソコンや、書類など、近くを見続けるのは、
見てはいますが、目の機能を使っているとは言えません。

見続けているあいだは、ピントは同じままですよね?


遠くを見たり、近くを見たりという、
目が本来もっている機能を使ってあげないと・・・

今ギリギリ見えている近距離ですら、
ますますピントが合わなくなってしまうんですよ。

さらに老眼は進んでしまうんです!


今回紹介したトレーニングの中には、
視力回復を目的にしたものもあります。

老眼の進行を遅くするばかりか、
視力の回復も望めるんですよ。



紹介した方法はどれも、私が実際にやってみて、
「効果があるな」「気持ちが良いな」と思ったものです。

あなたにもきっと効くはずですよ。 (*^ω^b グッ


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ