サビキ釣りでの服装って?レイヤースタイルで快適度がグンと上がる!

Pocket

「サビキ釣りにはどんな服装がいいのかな?

もしかしてあなたは、道具をそろえたけれど、
どんな服装が良いか悩んでいるのではありませんか?



私も釣りを始めたころは、何を着ていけば良いのか分からず、
前日はタンスの前で、手持ちの服と “にらめっこ” してました。

なので、あなたの悩みは良~く分かります。(;^ω^A



そんな私も、釣り歴が30年以上になり、
もう服装で悩むことは無くなりました。

釣りの日には「何に気をつけ服を選ぶのか?」
それが分かり、迷わなくなったんです。



こう書くと、
「さぞかし立派な“釣りウェアー”を、たくさん持っているでしょ?」
と思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

必要な物を最小限、絞り込めるようになったので、
迷わなくなっただけなんです。

釣り用の服装は、主に「ユニクロ」「しまむら」などの、
価格が安く、どこででも買えるものばかりなんですよ。



今回は、そんな私の「釣りの服飾セレクト法」を、
余すことなくお伝えしたいと思います。

あなたの家のタンスにある物も多いので、
今一度、手持ちの服をチェックしてみて下さい。


Sponsored Link



釣りの服装(ウェアー)の基本

釣りの時の服装(ウェアー)は、
「長そで」「長ズボン」が基本です。

でも「長そで」「長ズボン」を守れば快適か?
と言うとそうでもありません。

アウトドアの遊びに付きものの、
暑さ寒さに対応しなければならないんです。



そのための方法が、
レイヤー(重ね着)というテクニックなんですよ。

  • 暑い時期
  • 寒い時期

とそれぞれに分けて見ていきましょう。



暑い時期のレイヤー

暑い時期に外にいると、
海パン一丁にビーサンで過ごしたくなりますが・・・
これはダメです。(笑)(;^ω^A

  • 熱中症
  • 日焼け
  • 虫(蚊など)
  • 釣り針
から身を守るために、暑い時期でも
「長そで」「長ズボン」が基本なんです。



ここで気をつけたいのが、肌の露出はもちろんですが、
ピタっとした服だけでいる事も避けることです。

日差しは、1枚の布でさえぎる事が出来ますが、
虫(蚊)は衣服の上からでも刺してきます。

「ラッシュガード」や、作業服にある「速乾性の長袖下着」
その上から、Tシャツだけで済ませてしまうと、
Tシャツの袖から出た手を、蚊に刺されてしまうんです。



私は通気性、速乾性がある「下着」の上から、
少しゆとりのある、メッシュ素材の「長袖Tシャツ」か「パーカー」
ズボンはジャージなどを着ています。

下着も長袖にしたり、アームガードを一緒に使ったり、
虫の対策は万全にしているんですよ。

レイヤーすることで、
薄着でも蚊に刺されにくくなるんですよ。

重ねて着ることで、涼しさをキープしつつ、虫もガード出来て、
暑い時期でも快適に釣りが楽しめます。



寒い時期のレイヤー

秋も深まり、肌寒さを感じる時期になると、
服装も数が増えてきます。

文字とおりに、重ね着(レイヤー)ですね!



でも、釣りをする上では、
むやみに服の枚数を増やせば良いわけではありません。

寒い時期のレイヤーで、気をつけたいのは、

  • 寒さ
なんです。



サビキ釣りのような、あまり動かないように見える釣りでも、
意外と動いて、汗をかいているんです。

汗がすぐに蒸発してくれる暑い時期は良いですが、
寒い時期には冷えてしまい、釣りどころではなくなります。


サビキ釣りでの服装はレイヤースタイル! そこで、釣りの時は服装を、

  • 上着
  • ミドラー
  • 下着
という重ね着をします。



寒ければ増やし、暑ければ減らして、
体温を調整して「寒さ」「汗」から身を守るんです。



釣りに適した服装を、表にしてみました。

◎釣りに向いている ×釣りには向かない
上着 雨や風を防げる上着
「ナイロンパーカー」
中綿などの分厚い上着
「ダウンジャケット」「ブルゾン」
ミドラー 前が開く服
「薄いダウン」「フリース」「スウェット」「ジャージ」
かぶって着る服
「セーター」「トレーナー」
下着 保温性、速乾性がある化繊の下着、靴下 綿の下着、靴下



イメージしやすいように、私の例です。

私は多くをユニクロで買っています。

「ヒートテック」「フリース」「ライトダウン」・・・
どれも全国で売っていますし、通販でも買えますからね。(笑)(;^ω^A

上着のナイロンパーカーは、通常「Mサイズ」ですが、
釣りではワンサイズ大きな「Lサイズ」を買っています。

寒い時期に、ミドラーの枚数が増えても、
対応できるようにしているんですよ。


Sponsored Link



服装(ウェアー)以外の身に付ける物

服装(ウェアー)以外の身に付ける物もあります。

  • 帽子
  • サングラス
  • 手袋

一つ一つ見て行きましょう!



帽子


服装と同じで、

  • 日差し、熱中症
  • 釣り針
  • 寒さ
から頭を保護する為に、帽子をかぶりましょう。


でも、キャップを選ぶと
耳や首筋の後ろが無防備で、日焼けしちゃいます。

私は、帽子(キャップ)の上から、
「タレ」をかぶっています。

100円均一ショップで買ったものですが、
メッシュ素材で通気性も良くて快適ですよ。

冬場は、首にタオルを巻いてもよいですね。



サングラス

海では、
  • 空からの日光
  • 海からは反射
と、紫外線は上下から降り注ぐので、
サングラスがあった方が良いですよ。

サングラス無しで1日釣りをすると、
終わった頃には、目がチカチカしますよ。

海に落とすと大変ですので、
メガネ紐をしておいた方が良いです。

私のように、普段メガネをしているなら、
クリップオンのタイプもありますよ。



手袋

メゴチバサミなどがあっても、
手で魚を掴まなければならない時はあります。

素手で魚を掴むとヒレなどが手に刺さって、
チクっと痛い思いをしますよ。


それを避けるためにも、
手袋はしておきたいです。



出来れば釣り専用の、
指先がカットされたものが使いやすいです。

軍手などの「糸が太い手袋」は、
針が引っかかりやすく、向きません。

運送作業用などの、ゴムコーティングがされたものが、
ギリギリ代用できます。


これも、日よけの役目があります。

私はして手袋をせずに釣りをして、
手だけ日焼けしちゃった事があります。

こうなると、かなり格好悪かったですよ。(笑)



防波堤でのアジのサビキ釣りでは、
靴はスニーカーで十分だと思いますが、
注意点が少しあります。



アジのサビキ釣りは、

  • 餌のコマセアミの汁がポタポタしたたる
  • 釣り上げたお魚が足元でビチビチ跳ねる
と汚れる要素が満載なので、
新品や綺麗な物は、やめておきましょう。


私は数年履き古したスニーカーを、
釣り用の靴専用にして、履いています。

汚れを気にせず、ガンガン使履いて・・・
次のお古のスニーカーがきたら、お役ごめんです。


最後に

防波堤でのサビキ釣りの服装は、はっきり言えば、
何でも良いと思います。

私が防波堤に釣りに行き、回りを見渡しても、
高価な「釣り専用ウェアー」を着ている人なんてごく一部です。

ノラ作業用に降ろした、汚い服装でやっても、
それはそれで正しいのかもしれません。



でもせっかくの楽しい1日を過ごすのですから、
自分が選んだ好きな物で身を包みたいものですよね?

私は、釣りの服装は、
好きな「青色」を中心に買っています。

たまに「迷彩色」や「オレンジ」を差し色にして、
釣りファッションをコーディネートしているんですよ。



釣り用に買った安い服装だけど、
デザインや色などは、少しだけこだわって・・・
好きなものを着たいものですね!

そんな少しの事で、きっと・・・
あなたの釣行日は、素敵な1日になりますよ。

レイヤースタイルで、快適に過ごしてくださいね!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ