セルフカットでツーブロック!バリカンで境目を作る方法はコレ!

Pocket

ツーブロックのセルフカットって難しそう!」

あなたはそんな理由で、
セルフカットでのツーブロックをあきらめていませんか?



実は、私もそう思っていた1人なんですよ。 (;^ω^A

普段私は、セルフカットで坊主スタイルにしていますが、
ツーブロックも、横の刈り上げが気持ち良さそうで興味がありました。

でも難しいんじゃぁないのかな~っと思っていて、
なかなかツーブロックはチャレンジ出来なかったんです。



しかし髪の毛が少し伸びてきたことだし、
思い切って、ツーブロックにチャレンジしてみました。

すると・・・
ツーブロックって意外と簡単だったんです。



実際やってみると、その過程での、
コツ」や「注意点」がイロイロと分かりました。

そのコツが分かれば、

セルフカットでバリカンツーブロックは、
誰でも出来ちゃうんですよ。




もしあなたが、
「バリカンでのセルフカットで、ツーブロックは難しそう」
と二の足を踏んでいるのなら・・・

実際に私がやってみて、
うまく出来た方法をやってみませんか?

その方法は、きっとあなたのセルフカットに役立つはずです。
ぜひ活用して下さい!


Sponsored Link


カットする前に


まず髪を切る前に、
やらなければならないことがあります。

それは、完成した髪型をイメージするということです。



ヘアスタイルって口で説明するのは、
とってもむずかしいですよね。

美容師さん同士での会話でも、口頭だけだと、
思うように意思疎通が出来ないことがあるそうです。


プロでもそうなのですから、私達のような素人は、
なおさらしっかり準備をして、イメージを作っておきましょう。


ヘアスタイルをイメージしておく


ツーブロックって、耳元からサイドを刈り上げて、
長く残したトップの毛をその上にかぶせる・・・

そんな髪型ですが、
いろんなタイプがありますよね。

  • トップの毛の長さが
    「長い」「短い」
  • サイドの刈り上げの境目ラインが
    「中ほどまで」「上まで」
  • 後までツーブロックに
    「する」「しない」
これらの違いに加え、

各箇所の長さや毛質で、
もう無限大に種類が出来てきます。

なので切る前に、自分はどうしたいのか?
しっかりイメージしておきましょう!


それは人それぞれ、

  • 感覚
  • 毛質
  • 骨格

などで判断が変わると思いますので、
自分の顔をこれまで以上に、(笑)
よ~くながめて、決めてくださいね。


┃//(+・`ω・)//┃ (・ω´・+)  キリッ!



セルフカットの計画図


セルフカットのイメージを絵に描く
切りたい髪形のイメージが出来たら簡単に絵を描く事をおススメします。

または、ヘアーカタログで、イメージに近いものを見るか、頭の中に思い描いてもOKです。

私の場合はこんな感じの絵を描いています。




トップの毛が、まゆ毛にかかるような、
十分な長さがあれば・・・

「B」のように、サイドの半分くらいまで、
刈り上げでも良いと思います。


今回の私は、「トップの毛が4cmほど」と、
短髪のツーブロックです。

その場合、「A」くらいまで、
ガッツりと刈り上げたほうが良い!と判断しました。



私の、今回のカットの計画は、

  1. サイドはイラストのAまで刈り上げる
    (横はバリカンで5mmにする)
  2. 後は頭頂まで刈り上げる
    (ツーブロックにはしない)
  3. 前髪、トップは微調整のみで切らない

です。


簡単に言えば、
横と後をバリカンで刈り上げるだけですね。


Sponsored Link


カットしてみよう


十分にイメージが出来たことですし、
さっそくバリカンを使ってカットしていきます!


長短の境目をブロッキングする方法


横と後を刈り上げるだけなので、
カット自体はとっても簡単です。

後の刈り上げかたに関しては、
こちらの記事で詳しく書いています。

坊主からの髪型をアレンジ!刈り上げラインを作る方法

ご覧ください。



気をつけたいのは、ツーブロックの要である、
長短の境目をハッキリつけることです。

そこで、まずイメージをしたわけなのですが、
次は実際の頭に反映しなければなりません。

今回のセルフカットでは、
これが1番難しいところなんです。



ツーブロックの長短の境目は、「線」になります。

通常は切らない部分の髪を、手やピンで押さえておくのですが、
これを「ブロッキング」と言います。

でも、

  • 片手で髪を押さえて、バリカンを操作する
  • 自分の思い通りにピンをうつ
これって、慣れてないと、
なかなか出来ないものです。



平ゴムを使って境目をつくる そこで、私はこんな方法を思いつきました!

平ゴム」を輪ゴムにして、
頭に巻きます。

その位置と角度を調整すれば、
簡単に髪をブロッキング出来るんです。



私が考え出したこの方法なら、
自分のイメージを、頭髪にしっかりと投影できます!


この平ゴムを使うことで、自分の頭髪の、
「残す」⇔「切る」箇所に線が引けます。

これが、私が編み出した、
ツーブロックで失敗しないための「コツ」です。

こうすることで、

  • 両手がしっかりと使える
  • 頭に線を引くことが出来る
ので、失敗しにくく出来るんですよ。


それでも慎重に切り進む


頭髪に線が引けたので、
あとはそこに向けてバリカンを進めるだけです。


でもここで一気に、
目的の長さにカットするのは危険です。

私は数十年もバリカンを使っていますが、
今でもセルフカットの時は、長めに切り進めています。

失敗すると取り返しが付きませんからね!(;^ω^A


カットの途中で止めてチェック

今回も、下から上へ・・・まず5mmで半分カットして1度ストップ。


このこの長さで良いのか?自問自答しながら、少し慎重に刈りすすめました。



切る前は、長短の境目の刈り上げの長さは、
7mmくらいまで長くしようと思っていたんです。

でもトップが4cmともともと短いので、
結局、境目まで5mmで切りすすむことにしました。


こうして出来たのが、この髪型です。

セルフカットでツーブロックの出来上がりです
短髪のツーブロックが出来上がりました~っ!

トップが4cm、サイドが5mmとその差は3.5mmですが、
サイドの刈り上げの上にふわっとトップの毛が乗っかって、
手グシで、髪の流れが作りやすいです。

また、ふわっと乗っかっているので、
「おでこの薄毛が隠しやすい!」という利点もありました。(笑)

なかなか上手くいきました。(´^ω^`)


修正はもっと簡単


バリカンを使ってのセルフカットで、
私のツーブロックは完成しました。


でも、人の髪の毛は、
1ヶ月に、約1cm程伸びます。


せっかくツーブロックで、5mmにカットしたサイドの毛は、
1ヶ月もすれば、2倍以上の長さになり、また切らなければなりません。



そこで私は、サイドの短さをキープするために、
1~2週間おきにバリカンで修正のためにカットしています。

1度できあがった、ツーブロックの髪型を修正するのって、
実は、かなり簡単なんですよ。



もし美容院などで、ツーブロックにしてもらった人なら、
修正だけでも、バリカンを使ってセルフカットすれば、
サイドの刈り上げをキープすることもできますよ。



最後に


私が思うツーブロックって、
少し前までは、芸能人やミュージシャンなど、
派手な人がする髪型のイメージでした。

でも気が付けば・・・

田舎暮らしの私の、近所にいる親戚でも、
20代と50代に2人もいます。

街に繰り出せば、男性も女性も、若い人も年配の人も、
ツーブロックの髪型をしている人を見かけます。

今では普通の髪型の1つなんですね~。(´^ω^`)



そんなツーブロックをセルフカットできたら、
楽しそう!って思いませんか?

今回の記事のように、
バリカンを使えば、誰でも簡単に出来ます。

バリカンは安い物なら、2000円くらいから、
近所のホームセンターに売っていると思います。

気軽にチャレンジして下さい!


<セルフカットのまとめ記事> です。

「セルフカットのテクニック」「私の体験談」など、
この記事以外にも、情報が満載です!
    ↓  ↓  ↓
セルフカットのまとめ記事!自分の髪を切る方法!

お見逃しなく!


Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ