イカのさばき方!簡単なやり方を動画で解説!美味しく食べるコツは?

Pocket

イカを食べるのは大好きなんだけど、
自分でさばいた事は無いんだよね~!
って人って人は多いと思います!



私は釣りが好きでして、イカも釣ります。

そんな私でも、初めてイカを触った時の感想は、
「ヌルヌルしてて気持ち悪い~っ!」でした。

そして、自分で釣ったイカでさえ、奥さんに、
「これ、さばいといて~」っとお願いする始末でした。



でも「自分で釣ったイカくらい自分でさばきなさい!」っと怒られ、
自分でやってみることにしました。

すると、イカのさばき方って意外と簡単だったんです!

私は「イカをさばくのは難しい!」
っと思い込んでいただけでした。

そんな私でも出来た、イカのさばき方、
動画を交えて、一つ一つを説明したいと思います。

Sponsored Link


イカのさばき方


先日、4ハイのケンサキイカが釣れましたので、
このイカを今からさばいてゆきます。

イカのさばき方

イカをさばいた事が無い方は、知らないが故に、
「自分にはイカをさばくのは無理~っww」
なんて、少し構えていませんか?

そんな方は、
イカをさばくってどういうことなのか?
これが分かっていないのだと思います。

イカのさばき方・・・それは、
  • いらない箇所を取り除く (内臓、骨、目)
  • 皮を剥ぐ
と言う事です。



この2つさえ頭に入れておけば、
もう恐れることはありません。

イカは誰にでも、
簡単にさばく事が出来るんですよ。

今から一緒にやってみましょう!



イカをさばいてみよう!


イカをさばく様子を動画にしてみましたので、
ご覧下さい。




いかがでしょうか?
慣れてくると、1~2分で出来る簡単な作業なんですよ。

しかも、

道具は手とキッチンバサミだけで、
包丁も使わずに作業を終える事が出来ます。


この手軽さも、
簡単だと言い切れる理由なのですよ。



それではイカのさばき方の順番を、
文字にまとめてみました!

  1. イカの胴体から頭(ゲソ)を抜き取る
  2. イカの胴体からエンペラを取る
  3. 外皮を剥ぎとる、ワタを取り除く
  4. ゲソから、目と口と内臓を切り取る


と以上になります。



料理方法による応用の仕方


料理方法によって、少しさばき方が変わりますので、
応用の仕方も紹介しておきます。



刺身、カルパッチョなどの生食

刺身などのように、生食で食べる場合は、動画の作業の後、
身の薄皮を丁寧に剥がすという作業が加わります。

丁寧に行う事で、食味が格段良くなります。
雑だと・・・歯に触って美味しさ半減です。(笑)



イカリング、姿焼きなどの加熱料理

動画のように胴体からゲソを抜いたら、
身を開かずに、調理を進めます。

この場合は、
胴体の中に内臓が残ってしまう事があります。

身に指が入るくらいの、少しの切れ込みを入れて
隙間から内臓を取ると良いですよ。



好みですが、加熱調理する前提ですので、
この時は皮は剥がなくても良いです。

Sponsored Link


イカをさばく時に知ってると便利な事


自分でイカをさばく時に、
知っていると便利な事をまとめてみました。

食べる時に、食卓での話題の種になるような、
ちょっと楽しい話です。

食べるタイミングで変わる


同じイカでも、死後の時間により、
身の色と、食感が、少しづつ変化してゆきます。

これは食べる人の好みのよるものなので、
どちらを食べるのがいいか?の正解はありません。



水揚げされて、まだ身がピカピカしている新鮮なイカと、
1~2日寝かせたイカの違いを比べてみました。

  • 身の色は
    新鮮な時は身は透き通るような透明でですが、
    寝かせると身は白くなって行きます。


  • 食感の変化は
    新鮮な時は、ねっとりもちもちの弾力のある食感ですが、
    寝かせると、こりこりしこしこの歯の通りが良い食感です。

どちらも美味しいイカですが、同じだと思っているイカの刺身も、
分かって食べると、味と食感の違いに気が付くと思います。

食べるタイミングによって、
見た目も味わいも違っているんですよ。


貴方の好みはどちらですか?
もしかしたら、気が付いていない人もいるかもですね。



イカの目が怖い?


イカは目が大きいので、
目が怖いって方は少なくありません。

逆に大きな目が可愛く見えてしまい、
目を切り落とすのが可愛そうって方もいます。(;^ω^A

そんな人達に共通しているのが、
ゲソの目の部分にハサミを入れる事が出来ない事です。



そんな時は、

目の下の部分と上の部分を、
横にばっさりと、切り落としてしまいましょう。


少し身を捨てる事にはなりますが、
まだまだ食べる所は多いですよ。(笑)



最後に


日本人にはイカは身近な食材です。

何時でも何処ででも売っていますし、
刺身、焼き、揚げ、煮物、干物、塩辛など、
多彩に食卓を彩ってくれて、酒の肴としても好まれています。



でも、さばこうと思うと、
とたんにハードルが高くなってしまいますが、
イカをさばいた事が無いなんて勿体無いです。

お買い物の時に、
透明で新鮮なイカが売っていたら・・・
イカを一杯の姿まま頂いたら・・・

動画で紹介したようにとっても簡単ですので、
是非ご自分でさばいてみて下さい。

その日に食べてみたり、翌日まで寝かせてみたり、
きっと今まで以上に美味しいイカの料理を楽しめるはずです。



初めは多少見栄えが悪くても、味には関係ありませんから、
気楽にチャレンジしてみて下さい。

イカがもっと、身近な存在になるはずですよ。

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ